鱒釣堀競技者? 畔人? Stanの備忘録。

春,夏,秋は畔。 冬は鱒釣堀大会。 鱒族を追って月日が流れる 、私の独り言&備忘録。

再びメバリング

うねりでいつもの場所での釣りは出来ませんでした。
これからお出かけです。数日間UPできないかな、、、。
あ〜ねむ。
スポンサーサイト
  1. 2005/04/29(金) 06:57:23|
  2. 海釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

槻の池イベント終了

当日は参加者1?名。こじんまりとはしていたが、釣りメディアでお馴染みの○○さん、**さん、##さん、$$さんが、、、これじゃ、誰が誰だか、、、(笑)講師として来場。ミニ大会の後、参加者が希望すればマンツーマンレッスンも可能で、ステップアップの為に、遠路はるばるお越しになった方もおられ、各々が思い思いの週末をのんびり、楽しく、静かに熱く過ごした。

槻の池はこれからが面白くなる時期だ。川と釣堀。ますます白熱する葛藤。。
  1. 2005/04/25(月) 16:36:51|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今夜はメバリング

今夜から越前方面メバリング釣行予定。
前回はスプーンで釣ることに固執しすぎて地合を逃し、同行した友人に同情されてしまった。。私としては、メバリングには「競技」臭を感じておらず、二人暮しで美味しく戴ける良型6匹をリミットに設定しているので、それ以上の釣果は意に介していないはず、、、。

建前に反し、今回のタックルボックスにはジグヘッドとワームが満載、、、。
いっちょ、ゴリゴリ釣ってみよっか。。
  1. 2005/04/22(金) 07:19:42|
  2. 海釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

トラスパ休止中。。

今や鱒釣堀競技選手必見、貴重なデータベースとなっているトラウトスパイダーが昨日から休止している。管理人のますねこさんは、HPでは常にホストに徹し、驕らず、蔑まず、自分の好結果は吹聴せず、共謀せず、、、。訪れた者には心のこもったコメントを返し、ROMしてはいるが、更新を楽しみにしている人も多いのでは、、、。どんどん先鋭化する鱒釣堀競技において、彼のホンワカとしたキャラクターのファンは多いはず。。以前も閉鎖か??という事態があったが、今回は暫く時間がかかるかもしれない。温かく彼のHP復帰を待ちたい。
  1. 2005/04/19(火) 07:37:45|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ただいま帰着

土曜日実家経由、日曜日中村水産Cup@千早参加、今帰着。ちょっと疲れたな〜。
その最大の要因は、中村水産Cup。楽しかったけど、予選ガチンコ勝負60分(一匹差で逆転負け!!)、1次敗者復活戦30分(一位勝ち上がり)、その2次敗者復活戦40分(ガチンコ勝ち上がり)、3位決定戦60分(3人中3位(泣)) 結局5位という成績で終わった、、、。徹底的に戦い、雌雄を決する関西の極悪硬派軍団?、中村水産企画の大会だけのことはある。その間、メンタル的には張り詰めたまま。競技と名のつくものは、妥協することなく真剣、かつ、苛烈にゴリゴリ戦うことを旨としている私。順位は今ひとつだが、完全燃焼!!と、今日は言いたい。北は石川、東は東京から、皆様お疲れ様でした。
既に脳みそは半分寝ています。では、オヤスミナサイ、、、。
  1. 2005/04/17(日) 23:15:37|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

明日は中村水産Cup

4月17日は大阪の千早川で中村水産Cupに参加する。
今回のルールは鉄板のみのガチンコ方式。望むところだ、、、。が、暫く樹脂ボケしていた脳に(ここだけ読むとアブナイな(笑)樹脂=プラグ)どんな刺激を与えられるか、、、。予選落ちなどしようものなら、そろそろ川も面白い時期なのに、週末を釣堀に費やすかも知れない。
昨年のトラキン後はもう暫く釣堀大会は遠慮!!と、数ヶ月OFFにしたのだが、今年は当分の間、釣堀vs川の葛藤が続く気がする。まだ川の年券すら買っていないし、、、。

今回の大会は先日の北陸釣行で知り合った方も参加することになり、楽しみだ。
  1. 2005/04/16(土) 07:03:57|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

槻の池でのイベント

長野県茅野市にある槻の池は、鱒釣堀池としては広大であり、自然湖の風情がある。そこに放たれ、コンディションを回復した鱒達は野生を取り戻して狡猾になり、ひとたび針にかかると全身筋肉の塊となって抗い、釣り人を魅了する。(こんな言い回し、そこかしこで見たことがあるような、、、(笑))朝のひとときを除いて、そうやすやすとは口を使わない彼等ではあるが、一度、そのファイト、綺麗な魚体を確認するために当地を訪れて欲しい。
4月24日槻の池でルアーイベントがある。長野はその恵まれたフィールドから、あえて釣堀で糸を垂れなくとも鱒釣りを体験でき、個々の楽しみとして釣りが定着している感がある。だが、時にはエキスパートアングラーと呼ばれている人達とふれあい、吸収することも、独善に陥らないための予防策ともいえるだろう。
http://www.tsukinoike.jp/index.html

お待ちしています。(関係者ではないけれど(笑))
  1. 2005/04/15(金) 09:33:40|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アングラーズシステムのドーナは、どーな??

少し前から話題になっていたが、先日静岡の某ショップにて非売展示品を発見。表層用という割に従来の表面張力系薄板ではなく、ベンドも大きい=動きも大きい??しかもBUXより小粒、、、。ハンマード仕上げをこの小粒に収めている点は驚愕だけれども、実際の動きはどうなのかな、、???渓流の表層あたりに威力を発揮しそうな気がするのだが、、、。既成概念を破ってくれるアンシスの製品だけに、発売が待たれる。。
  1. 2005/04/14(木) 10:20:37|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラキン終了

なんか、気が抜けている昨今。。
初戦加賀でくじ運の罠に嵌り、はやくもマイスター争奪圏外で終わった今回のトラキン、個人的にはプラグ使用元年にて、それなりの手応えを感じられ、チューニングノウハウ等、収穫が多かった。
約半年、コンクリ池克服のためチューニングしてきた思い入れのある品だけに、パッケージを空けたら使用可能な定番クランクに遜色のない結果をたたき出せたことを嬉しく思う。
驚愕のデビューウインとはならなかったが、地道に熟成を重ね、誰にも真似の出来ない逸品に仕上げてゆきたい。
  1. 2005/04/13(水) 15:19:39|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4