鱒釣堀競技者? 畔人? Stanの備忘録。

春,夏,秋は畔。 冬は鱒釣堀大会。 鱒族を追って月日が流れる 、私の独り言&備忘録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鱒釣堀東大試験

本日、願書を提出しました。
試験日は6月24日。
受験生の皆様、頑張りましょう!
スポンサーサイト
  1. 2006/05/30(火) 14:16:43|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

尾瀬FL遠征レポート

フォレストのHPにUPしてもらいました。
東日本 5月分です。

この日は面白かった〜。
下道でも4時間弱。。意外に、、、ちかい、、、かも?

温泉と、釣り。。。

秋口には、また行こうかな。
  1. 2006/05/28(日) 22:11:49|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハーブの里、ヤリエCUP戦略(ですかねぇ??)

今週末は、ヤリエの大会です。
ヤリエといえば、ピリカモアですね。

ピリカモア0.7g
この0.7gは私の最表層・最終使用スプーンです。
大型に飲み込まれることも多く、過去ロスト多数。。現在手持ち2個です。。
ヒラヒラとした水を逃す細かい動きと、水面に波紋を作らない最浅レンジを
ゆっくり引いてくることができます。「喰う魚を見つけて撃つ。」そういう釣りです。
ですから、この釣りは場所を動けない大会には向きません。。

ピリカモア1.2g
0.7gと同シルエット、動きもなかなか、、、。
形状から、飛距離も稼げます。
勿体無いですが、今回は絶妙な動きはスポイルさせ、
ボトムバンピング用として使用予定です。

ピリカモア1.5g・1.8g
これも、細かい動きと、ライン角度を問わない安定感。
大好きなスプーンです。同じシルエットの1.8gは多少動きはモタつきますが、
飛距離が伸びますし、これもなかなか、、、釣れてしまいます。。
MIU1.5gが出るまでは、殆どこれで釣っていました。

ピリカモア2.6g リンゴ各種
実は、悩んでいます。この類のスプーンは、水押しが強く、何かの拍子にスイッチが入ることがあります。
ダーデビルに代表されるこの類の形状。選択すべきか、否か、、、。

要は、ピリカシリーズには相当いい思いをさせてもらっています。
3lbと、2.5lbで挑みたいと思います。

戦略は、、、。
「ルアーを信じること」くらいですね(笑)

今回の大会、なんと北陸からも出場予定されているようです。
シロさんはじめ皆様、道中お気をつけて!!
  1. 2006/05/24(水) 23:11:59|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

最近、最もアツイ こと。

釣堀で、爆釣!?
美味い物の探索!?
川の遡行!?

いえいえ、、、。

ちょっとした日曜大工に凝ってます。
(最近は余り日曜大工という単語を聞きませんね、、。)
幼少の頃は、休日早朝の日曜大工番組が大好きでした。。

今週は、ウッドデッキを組み立てています。
単に図面どおりに組み上げるのでは面白くない。。
パーツの段階から防腐、耐水塗装をほどこし、
何度も水準器とにらめっこして土台を組み、
電動ドライバーでシュルシュルとねじを打ち込み
(これが心地いいこと、、、。)
組み上げた段階で上塗り塗装をほどこし、、、。
今回はデッキをラティスが囲む基本形を完全に無視し、
正面は開放、左右1箇所ずつのみラティスを施し、
今夕、ほぼ形になりました。

近所には4店舗ものホームセンターがあり、
材料の確保と手頃な価格には困ることがありません。

暫くは鱒釣堀よりも凝りそう、、、。
  1. 2006/05/21(日) 23:34:24|
  2. 信州暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6月は、長野がアツイ! かな??

6月 3日 アングラーズミーティング@鹿島槍
6月 4日 アングラーズミーティング@ニレ池

6月11日 アイビーライン・ブレイブムカイ トラウトフェスタ in 槻の池

6月25日 LSP大会 宮澤杯@ハーブの里

例によって?アングラーズミーティングは参加見合わせの予定ですが、
6月11、25日は参加予定です。

特に、LSP大会は、ハーブの里ワンメイク大会の発起人のひとり、
昨年逝去された、宮澤さんの追悼大会となります。
出来るだけ賑やかな大会になるといいですね。
これを機会に日本一ゲーム性の高い鱒釣堀大会デビューを果たしませんか??
詳細はUPされ次第お知らせします。
  1. 2006/05/20(土) 21:41:00|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

表層喰わせの釣り

フォレストのHPにUPしてもらいました。
西日本 5月分です。

このレポートした日以降も表層を試していますが、
この日ほど明確にパターン分けされ、反応の良かった日はありません。
日々季節が動いているのですね〜。。

ご確認ください。

  1. 2006/05/18(木) 23:18:28|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

真っ最中!

ククが換毛中です。。

毎日が、毛との闘いです。

恐ろしいくらい、ボコボコ抜けます。

どなたか、フライのマテリアルに如何??


先ほど、久しぶりに入浴させました。

で、スッキリさっぱり!かというと、、、。

換毛完了個所はスッキリし、かつ、未完了箇所はダマになって、、、。

円形脱毛症の羊みたいになっています。。

もう暫く毛まみれの生活が続きそうです。
  1. 2006/05/17(水) 22:19:17|
  2. ククール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

出かけます〜

ねむ、、、。

無事辿り着けるだろうか、、、(笑)

では、現地で!!
  1. 2006/05/13(土) 00:04:22|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

川も、いい季節に、、、。


一雨ごとに新緑が勢いを増し、川にも生気が満ちてきました。
シーズンイン直後、稚魚の陰しか見えなかった天竜川水系の某川も、
ようやく魚が動き始めたようで、叩けば出てくるようになりました。
ある淵では管釣りか!?と思われるような連続ヒットも、、、。
いつも折り返し地点と決めている堰堤下では、昨年同様、いつもの良型イワナが
2回チェイスし、いつものように見切ってゆきました。。
  1. 2006/05/11(木) 13:18:20|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

管理釣り場.com @赤城FA大会 戦略

5月13日、久しぶりに.com大会に参加します。
数年前の赤城は、私好みの大きな池で、水深も結構あり、
開放感と釣れ具合が非常に心地よい釣り場であるとの認識でしたが、
昨秋、久しぶりに池を覗く機会があり、藻の繁茂に驚きました。

以下、アレコレ予想&考察   ってほどではない??(笑)

藻を、どのように回避し、利用するか。
(ボトムバンピングは、実質不可能?)

池の形状、状況から、場所の優劣が出る気配。

以前は池の中央島近辺の底釣りが高反応。現在は??
(藻の繁茂具合は?)

スタートは釣り場の2連休明け、前日放流。短時間、広い範囲で高活性?

対象魚の大きさは、不明。

プラが出来ない(しない)現状。

クランク系FF改は、ドットコムルールで封印され、使えるものがアリマセン(笑)

以上を総合すると、、、。

状況を把握する為、予選は一回目を見学組とし、観察に徹する、、、。
しかし、それ以降の活性低下傾向で喰わせるモノがあるか、、、。
スプーン限定大会ならば、正攻法で攻めるところですが、
何か他の抜け道はないかと、、、。
正直、キメ撃ち出来るほど情報と、やる気がありませ〜ん。。

が、折角土曜日からの遠征ですから、
往路は超特急、復路は下道ノンビリと、愉しみたいと思います。
  1. 2006/05/09(火) 11:47:06|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。