鱒釣堀競技者? 畔人? Stanの備忘録。

春,夏,秋は畔。 冬は鱒釣堀大会。 鱒族を追って月日が流れる 、私の独り言&備忘録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

取り急ぎ、、、。今年も、、、お世話に、、、。

年内の更新は、ココマデ!
です。。

つり納めは、やはり、、、。
なごみ、、、、かな??

つり始めは、1月3日、、、かな?

たぶん。。
ハーブか、、、尾瀬か、、、。

葛藤中です。。

それ以前に、釣り休み、、、耐えられるかナ。。(笑)

1日から、どこかで竿を振っているかもしれません、、、。

ネット出不精につき、これにて本年のご挨拶にかえさせていただきます。。

では、また!!
スポンサーサイト
  1. 2006/12/30(土) 06:55:24|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

ニレ池に行ってきました!!

ニレ池に行ってきました。
今回は、写真にてレポートします。。


ニレ池です。
本当に,雪が有りません。。


しかし、水温1.5度!!
これは、タマラン、、、。


なかなかの大物ですが、、、。
水温が低すぎ、
数秒であがってきました。。


マーチンも、働きました。
やっぱり、もう少し浮いて、
もう少し潜って欲しい、、、。


柳刃包丁で、ケーキカット!!


クレープを重ねたようなケーキ
物凄く美味しかったです!!
KAZUさん、ごちそうさま!

飽きない程度に釣れました。
人も少なく、のんびりできました。。
こんな感じで一日が過ぎてゆきました。
この詳細は、フォレストのHPにUP予定です。。

ニレ池、このまま雪が降らなければ、
越年後も営業の可能性とか、、、。
どうなっているのでしょうねぇ、、、。

  1. 2006/12/24(日) 20:22:34|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日は、、、白馬へ。。

間違ってもスキーには行きません(笑)
(XCは好きですが、ゲレンデは、、、あの意味不明な音楽。。苦手です。)

何と、ニレ池が本日から営業再開!!とのこと、、、。
ホンマカイナ。。
槻の池>氷結クローズ
平谷湖>氷結クローズ
その最中にあって、、、。です。

大きな爆釣は期待していませんが、大会ではない普段のニレ池。。
一寸期待しています。(釣果ではなく、心地よく釣れることが重要。。)

ということで、今晩は早く寝ることにしよう、、、。
  1. 2006/12/23(土) 19:13:27|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マーチンというクランク。


以前から気になっていたクランク故、(謎笑)先日の平谷湖釣行時、
フラットフィッシュ改(以下FF)と比較して、終始引き倒してきました。

開発には相当FFを意識したとのこと。
シンクレートは、スプリットリングを小型に換装することで対応可能とのことです。
このあたりの要領は当Blogから汲んでくれたと、、、。嬉しいものです。

ボディサイズはFFのF5程度。テールが細いので、小さく見えます。
00番スプリットリング+ハイパー#6で、何とか使えるかナ、、、
と言った感じのスローシンクになりました。
もう少しだけ浮かせてくれると有難かったです。。
そうすることによって出る挙動。極めて重要です。

とはいえ、FFよりも浮き上がり気味なリップ設定も相まって、
引ける層は同じくらいです。
よって、自動的にディープレンジに到達することもなく、
ユーザーが送り込んでやらなければなりません。
これがセミオートマ系クランクの面白いところであり、
工夫のしどころでもあります。。

フックはテールにのみ一本。以前も述べましたが、潔い選択です。

実釣性能は、、、。
なかなかのものです。今回はサイトが効いたので、
追尾してくる魚の反応を観察しながら掛けてゆきました。

FFのリスクを負った素材の薄さだからできる、瞬間的な誘いの動きはできませんが、
一体成型のプラスチックとしては、かなり高レベルな動きと性能です。
テールの暴れはリングチューンした分大きくなってしまいましたが、FFよりは控えめ。
集魚力、バイト誘発、バレ難さ。 追記:バレ難さには疑問が出てきました。。
市販品のなかでは、ノンチューンでFF改のように使えるクランク。
こういう位置づけになります。

実は、、、。
このクランク、つりビのギアステを見て、落胆したクランクだったのです、、、。
あのFさんのスベリまくりのギャグに落胆したのではなく(笑)
あの水槽での、あの動きは、ちょっと実物とは異なった気がします。
(スタジオの水槽だから、水温が上がってたのかなぁ、、、。)

あと、少し浮いてくれれば、、、。けどリップの角度が、、、。
というクランクです。

ボトムは、零。
表〜中層は、FFと、マーチン。。かなぁ。。
MOCAも、もう少し使いこなさねば、、、。

そろそろ今シーズンのセミオートマクランキングを解禁してみたいものです。。
  1. 2006/12/20(水) 12:47:44|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

幻のカレー屋に行きました。


さて、トラビギ@瑞浪後、のんびり下路帰宅となりました。
R19号線沿い、寝覚の床を過ぎたあたり、
上り坂の途中に、以前から気になっていたカレー屋が
「きょうは」営業していました。。

以前も何度かトライしたのですが、
意外な時間に閉まっていたり、かと思うと、
決して食欲が湧かない明け方に開いていたり、、、。 
で、なかなか機会がありませんでした。

今日こそ行くべき日だ!!と、
瑞浪FPで、遅い昼食にカレーを食したにもかかわらず、、、。
一旦通り過ぎた車を引き返して、店の前まできました。

店の中は、白い張り紙で窺い知ることが出来ません。
その張り紙には「カレー」 「カレーせんべい」などと
大きく大胆な文字で書かれています。
なにやら怪しげな雰囲気。。。ケド、面白そう!!
ま、カレー一杯でボッタクル店もなかろ、、、。と、
少々警戒しながらも中に入ると。。。

意外にも普通のお店でした。
ただ、室内の家具調度品は選挙事務所のような
無機質かつ急ごしらえのような風合い。
しかし、年季は入っています。
その壁、天井には手描きの魚の絵や、
あいだみつを風の詩のような、格言のような、、、。
文字が躍っています。
なんでも、以前は裸体系の絵が貼られていたようで、、、。
また、そのギャラリーは少し床が傾いているような、、、。
ちなみに、目測落差約100mの斜面上に建っています。
そして、店員さんは、おじいさんと、おばあさんでした。
”特製肉菜入りカレー”¥800−と、
”普通の肉入りカレー”¥700−を注文。
イギリス風カレーとのことで、チャンドラボースまで引っ張り出されて
紹介されましたが、、、。ココナツカレーのように色が少々白い以外、
味は普通の家庭のカレーの味。けれども、結構、イケました。

さて、以上をお読みいただき、お気づきでしょうが、、、。
突然展開された店内環境と、おじいさんのお話しで、
何が何やら、、、。我ながらわけわかりません(笑)
一つ云えるのは、おじいさんのお話しは、出来すぎで、
荒唐無稽のように思えるのですが、
実は帰宅後色々調べてみると、緻密な時代考証がなされており、
とても虚言とは思えない部分が多くみられました。

一粒で、二度オイシイ気分です(笑)。。

おじいさんの話しは、まだまだ続きそうだったのですが、
日も傾き、またのお楽しみということで、店を後にしました。

さて、その際購入した「カレーせんべい」
自宅で食してみると、、、。
以前、バングラデシュで食べた「プリ」という小麦粉揚げ煎餅に似た
食感で、少し懐かしい味でした。。。

おそるべし、カレー屋。。

営業時間は、気の向いた時。だそうです。
年中無休とも、、、。
ちなみに、店の名前は聞き忘れました。

あ〜。。わけ分からない(笑)
  1. 2006/12/17(日) 23:21:47|
  2. 信州暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

来るべき日!!トラビギ@瑞浪FP

ついに来るべき日がやってきました!

長野最強、Yくんが、ついに優勝!
そして、Kさんも7位以内。ともにトラエキ進出です。
この結果。我が事の様に嬉しかったです。

彼等をはじめ、今回参加された長野県勢の大半は、
長野県池田町のハーブの里FAで、ほぼ毎月開催される
ワンメイク大会で常日頃切磋琢磨している人達で、
昨年あたりから長野県外の大会に出場し始めました。

それと呼応して様々な釣りパターンに対応する努力も怠らず、
本日、その結果を残したわけです。
そして、今回はいまひとつ振るわなかった、
TEAMハーブの里??の面々のなかにも、今後いつ、
結果を出しても不思議ではない面子が揃っています。

また、この流れは、ハーブの里FAでの
大会が続く限り、途切れることなく、むしろ、
より一層強くなってゆくことでしょう。。

私もハーブの大会で修行を積ませて頂きます。
皆さん、置いてかないでね。。(笑)

そうそう、いわのすけは、、、。
実力通り甲州のSさんが獲得したレディース賞には、
後二歩及びませんでしたが、予想以上の大健闘でした。
私も驚きました、、、。ということで、
トラウトキング選手権大会 地方予選大会
1月14日。。 The naturalist cup 
再び瑞浪FPを訪れるべく、エントリー完了!!
  1. 2006/12/17(日) 20:57:48|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

明朝、お一人様限り!!

先週の.comマスターズで、長野県南部の平谷湖FSという釣堀の無料券を、
Sさんご夫妻、ならびに、Iさんに頂きました。
(本当に、有難うございました!その、気持ち。。物凄く嬉しかったです。)
で、手元に1枚、無料券が残っているのですが、どなたか、要りませんか?
明朝、平谷湖釣行予定なので、現場駐車場にて、「Stan!券くれ!」と言ってください。
お譲り致します。先着1名様ですので、、、。

で、翌日曜日は、「いわのすけ」が、トラキン@瑞浪に参加するので、
わたしも応援?に行きたいと思います。
長野県自主選抜チームの方々、相当いいところを狙えると信じていますが、
放流に翻弄されないといいですね。。
  1. 2006/12/15(金) 23:15:41|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

11月の尾瀬FL修行釣行。。

フォレストのHPにUPしてもらいました。東日本 11月分です。ご確認ください。
  1. 2006/12/14(木) 22:03:30|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

先程マスターズより帰着 & ククの散歩、完了!!

5月の赤城FFに次いで、最下位順位にて終了!!
以上!!

何と言っても、、、。
予選:釣果1匹。完敗。
お楽しみ大会:釣果0匹。。。惨敗。

この釣り場、嫌い!!
と、そういえば、過去2年間のマスターズでも
常に辛酸を舐めさせられた釣り場でした。
昨年のアタリ色を覚えていないのも、
一種の精神自浄回路によるものでしょう、、、。

また、昨年までは、ボトムリグ使用による釣果差と理解していたのですが、
本年、改めて出場してみると、、、。全くもって、歯が立ちません。。
必ずしもボトムだけでしか獲れない状況ではないのですが、
かたや、ボトムでボコボコ獲っているのに、
私にはアタリすら感知できません、、、。

容易に理解できたことは、本日の釣り場においては、
水平の誘いよりも、垂直の誘いのほうが反応が良かった点でしょうか。。
この点のみに集束すれば、Ver.0.5~1.0は、
紛れもない水平方向のボトム釣法と言えるかと思います。
また、これが活躍できる時も、必ず来るものと信じています。

このような状況で最後のマスターズを終え、一人色々検証していると、
惨めな姿に見えたようで、複数の方々が、色々と気遣ってくれました。。
その気持ち、感謝しています。ありがとうございました。

さて、、、。一旦落ちるところへ落ちたので、これからは上昇するのみです(笑)
過去、自転車のレースでも日々のトレーニングで、そういう調整を行いました。
今回の結果は意図したものではありませんが、
私にとって相当有意義な敗北だったと言えます。
要は、ここからどういう風にリカバーするか。。です。

3月のトラエキまでには、浮上させます!!

あ〜なんて、ポジティブ思考なのでしょう!

合掌。。
  1. 2006/12/10(日) 21:12:00|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

さ〜て、、、明日のドットコムマスターズは、、、。

賞品目白押しですねぇ。エアウェイブに載せきれるのかな??
と、要らぬ心配をしてしまいます。。

さて、戦略。。
といっても、桂川は例年のマスターズに参加したのみで、
全然分かりません。。プラをする気も、、、ありません。。
昨年のアタリ色は何色だったか??? スッカリ忘れています。

恐らくボトムの争いになるのでしょうが、
Ver.1.0は温存しておくつもりです。

Ver.0.5で駄目なら、まあ、今回は、、、。
何と言ってもお祭りですからね(笑)

ちなみに、ジャンケン大会@Kさん。
同じものを数回出す可能性高し!!(笑)
  1. 2006/12/09(土) 21:30:57|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。