鱒釣堀競技者? 畔人? Stanの備忘録。

春,夏,秋は畔。 冬は鱒釣堀大会。 鱒族を追って月日が流れる 、私の独り言&備忘録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お暑いですねぇ。。。

信州も、相当暑い日々です。
この時期の鱒釣堀は、水温をみるだけで、「イイヤ。」
てなるので、専ら川を目指す日々でした。が、、、。
少し前に、ちょっとヤなことがあり、一寸川への興味も、、、。
いや、興味は失われてはおらず、今行けば、きっと喰うぞ〜!とか、
勝手に空想しております、、、。でも暫くは行く気になれない。。。

ということで、鱒釣堀。
最近某釣堀サイトで、槻の池が「夏でも釣れる」なんて書いて居ましたが、、、。
正直、信州でも日中は、暑い。。。
しかも、日差しは空気が澄んでいる分だけ、厳しい。その明るさでも鱒の活性が落ちているかと。
現実には、午前のはやいうちに一寸工夫して、ポツポツ程度であれば上出来かも。。

ということで、明日の釣行先を、何処にするか???
(数時間前まで、釣りに行くことすら、選択肢にあがっていなかったですが。。。)

こういうときには、「ハーブの里」でしょう。
インレット水温が13.7℃ってのに惹かれました。

明日は月に一回の大会日です。しかも、ガチンコ。
コレ季節が季節であれば、やる気(だけは)満々なはず。
という具合に、数週間前から分かってはいたのですが、
結局エントリーせずじまい。
でも、駄目もとで、明日、参加する気持ちで行ってみることにします。
ガチンコだし、改造可能なレギュだから、色々試せるし、、、ね。

駄目だったら、、、。大会開始(8:00頃?)前に、
一般客として、前日放流を大会参加者の分まで、、、。
ガンガン釣っちゃおうかな〜(笑)と。
思っています。
スポンサーサイト
  1. 2010/07/24(土) 22:53:41|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

念願の。。。


想いつづけていた、某クルマに暫く乗ることになりました。
はやくもエアコンが逝ったボラボラ号の代車ですけどね(笑)

このクルマ。今を去ること、約20年前、、、。
そのころ、私にも、ようやく新車でクルマを購入する機会が訪れ、
悩みに悩んだ末、まだ、5ドアのオートマには若すぎるし。。。(そう思いこんでいた)
との判断から、同社のコンパクトハッチになりました。
数十万円の差で、わずかに背伸びすれば届いたはずの、このクルマ。
確かに選択したコンパクトハッチの軽快さとMTの面白さに惚れ込んでいましたが、
このクルマのしっとりとした雰囲気と、奇抜な造形は、常に眼の片隅に
こびりついており、いつかは、きっと。。。と思いながら月日は過ぎ、
このクルマの後継車種も、すでに廃盤となり、その次も、数年前世代交代。
最新の後継車種は、まぁ、快適ではあろうけれども、ドコのクルマ?
てな感じです。

久しぶりのハイドロの足回りといい、このモッサリとしたエンジンといい、
速くはないが、愉しい気分にさせてくれるクルマでありました。
今は代車として活躍していますが、4代にわたり連綿と整備されてきた証の、
分厚い整備記録に目を通すと、このクルマを維持することの大変さが
十分伝わってきました。

これから数週間、長年の想いを確認しながら、
日々の長い通勤を愉しみたいと思っています。


  1. 2010/07/13(火) 23:22:13|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ようやく、底をきる??

そろそろ、底が見えてもいいでしょぅ。。。???
と思っていた鱒釣堀競技への興味とモチベーション。

でも、DIVEするだけ、DIVEさせようと(笑)
放置していたのも事実。。。

そして、

浮上のきっかけが、ようやく。。。

スローフローティング仕様ゆえ(笑)

本格的に大会へのモチベーションが復帰するのは、まだまだ先でしょうが、

文字通り、水面下で動きが出始めたかな??と。

わかりませんけどね〜(笑)
  1. 2010/07/02(金) 22:12:01|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。