鱒釣堀競技者? 畔人? Stanの備忘録。

春,夏,秋は畔。 冬は鱒釣堀大会。 鱒族を追って月日が流れる 、私の独り言&備忘録。

ありがちな、、、。


ドナルドも、、、。


ビバンダムも、、、。

です。
スポンサーサイト
  1. 2010/09/28(火) 09:57:33|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょっとでかけてきます。


某所に前泊。
明朝、でかけます。
今回は釣竿は持たず、着替も現地調達。
実際、会社に行くよりも軽装かも(笑)



  1. 2010/09/23(木) 23:39:42|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シーズンおわり。。。


今季の渓流最終釣行。。。

午前3時半遡行開始。

もちろん、あたりは真っ暗。。。

でもですよ、出発と同時に他の釣り人の車が駐車場にはいってきました。。。

それに急かされるよう私はに山道を足早に登りはじめます。

なんか、愉しくない。。。 なんのため、朝早くからこんなコトしてるんだか。。。

真っ暗な山道を過ぎ、川通しでさらに遡行。。。

真っ暗な川、真っ暗な森。ほそぼそと照らすLEDライト。。。

クマ、幽霊、その他もろもろ、なにより怖いのは後ろからヒタヒタと追い上げてくる、
後行者の気配。。。

水量はいつもより多めに推移しているようで、夜が明けているならば、

そこかしこ、魚の反応が望めそうなのだが、、。

とりあえず先を急ぎます。

いくつかの難所を乗り越え、ようやく後行者の気配は遠のき、ようやく谷の空も白んできた頃、

ガイドにラインを通すことにしました。。。

で、気づきました。。。

写真の通り、なにか、変。。。


ハンドルが、ない。

落ちたというよりも、暗闇の遡行で、リールをどこかにぶつけたのか?

ハンドルが折れてなくなっていました。。。

しばらく、状況が把握できず、その場で立ちすくんでいたのですが、

この場合、、、。

なにを、どう工夫しても、釣りを断念するしかないでしょう。

あれだけ焦って遡行して、いつもならば釣りの半ばに通るところまで
たどり着いて、1回もキャストすることなく撤退。。。。

今季は都合により、さらなる渓流釣行日程は組めないのですが、、、。

あっけなく終わった今季。。。

不完全燃焼どころか、火を起こすまえに消えちゃった印象でした。

残念!!






  1. 2010/09/19(日) 00:12:57|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ということで、連続投稿(笑)

突然ですが、明日、

第2回 FISH・ON!鹿留ルアー釣り大会
いってきます!!

われながら、数時間後に竿を振っている自分が信じられない(笑)

トーナメントとはいえ、今回は、昨年のようなマキマキルールではないので、
色んなブツを仕込んでくる人も居る(のかな?ほんとに。誰も居なかったりして。)
こちらはまず、基本的なブツ(リールとか、、、。)
忘れないようにしますね。。。

この酷暑。。。

釣り堀とはいえ、本当に釣れるのかなぁ、、、。
ちょっと心配になります(笑)

結果のUPは、気分次第かと。。。
よろしくです。
  1. 2010/09/04(土) 20:53:57|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジギング 2010


なんとも、不覚!!!

ついに、1ヶ月当Blog放置、、、。

8月の記事に穴をあけてしまいました。。。

その間、某氏のシアワセばなしや、某クランクのはなし、
ククの脱走や、車のこと、、、。などなど、今まで当Blogで登場願った
様々なことにも、いろいろ記事にしたいことがありましたが、、、。
最近の酷暑の汗、連日夜半の集中豪雨とともに、流れて、消えて、、、
今に至りました。

申し訳御座いません。
でも、、、。

そろそろ、秋に向かった再始動、、、(の、準備。。。(笑))

8月末、某日、もはや恒例となった伊勢湾ジギング。
杉本さん、Kさんと行ってきました。

例年普通に釣れていた、太刀魚とハマチ。
今回も楽勝!!と思っていたのですが、、、。

これら、船中ポツポツとは出るのですが、私には獲れない魚ばかり。。。
杉本さんはきっちりフォーリングで喰わせる技を発揮して、タチ。
速い巻き上げでハマチを獲っていました。。。
フォーリング対策にはベイトリール、
ハマチには飛距離重視大口径ガイドのスピニング等々、
様々な使い分けがあるようです。
かたや、私は、、、。今年もシイラ〜サバまで、同じ竿一本。
かれこれ5年くらいになるファイヤーライン巻きっぱなし。
(何ポンドかも忘れてるし、、、。)
でも、釣果差って、道具ではないんですよねぇ。
やはり、誘いと喰わせの間を意識することが肝心なようです。

結局こんかいも、、、。パターンのある釣りにはノリきれず、
一期一会の釣りにのみ、キラリと光るものがありました。
そう、、、。真鯛とシーバス。
これが前半船中不調の中、私の一本竿に喰いついてくれたのです!!
あきらかに、ミヨシに立たせてもらった船中での場所の良さと、
運が良かった、、、。としかいいようがない結果でしたが、。
正真正銘の、真鯛と、夏鱸です。

刺身最高!!
となるはずでしたが、少々帰宅が遅れ、結局煮付けに、、、、(苦笑)

そんなこんな、不調のような、好調のような、微妙な時間を過ごし帰港。
でも、楽しかった〜!
普段はあまりポカンと口を開ける方ではないのですが、一心不乱に
ジグを操作しているときは、気づくと私、ポカン顔してました。
船上の暑さと酔い止めの強力な薬効、前夜から走ってきた睡眠不足。。。
渾然一体となって、ナチュラルハイを醸成し、そして鎮静してゆきました。
そのあとの眠いこと、眠いこと、、、。
あの醜態は、あまりお見せできるものではないです。。。(笑)

9月に入ったものの、まだまだ水茹だる季節。。。

でも、そろそろ、鱒釣堀(競技)にも、目を向けてゆくことにしよう、、、。
これからも、よろしく、、、。です。
  1. 2010/09/04(土) 20:49:25|
  2. 海釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0