鱒釣堀競技者? 畔人? Stanの備忘録。

春,夏,秋は畔。 冬は鱒釣堀大会。 鱒族を追って月日が流れる 、私の独り言&備忘録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

美味い!!!


美味いピザ,衝動的に喰いたくなります。
よねぇ。。。??

そんな時,ここ南信でも,
数多のイタリアンレストランはありますが,
選ぶのは迷わず,ココになります。

ガイドブックにも載って居るはずなのですが,
このGWでも,予約や待ち時間なく気軽に立ち寄り,
素早く食事できてしまいます。。。
(美味しすぎて,ゆっくり味わえない。。。(笑))

入荷の都合で期間限定の,
グリュィエールチーズが決め手,
3種のチーズピザ。

前回に引き続き,オーダーです。
前回の記憶を反芻して,期待を更に膨らませ,
待つこと5分程度。
薪釜ピザゆえ,素早い仕上がりです。
(このあたりも,高ポイント。)

写真を見ていただくと分かるとおり,
チーズ以外のトッピングは,わずかにアンチョビが
中心部に配されている以外,なにもなし。
あと,岩塩がパラパラぐらいかな。。。
さりげなく,ピザ生地の遠慮ないコゲ目も,効いています。

非常にシンプル。

でも,こういう食べ物に限って,味覚がファインチューニングされ,
微妙な味の差が増幅されてしまうんですよねぇ。。。

少々お高いのは,いたしかたないのですが,
私にとっては,天下一品(チェーン店。。。)のラーメンと同じく,
無性に喰いたくなる,逸品です。
スポンサーサイト
  1. 2011/04/30(土) 22:58:04|
  2. 信州暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

このカンバンに、ピンときたら、、、。


先週末、所用で某所へ行ってきました。
その際、楽しみにしていたのが、当地(近隣)名物、
活きイカの刺身。

某外食ログサイトの情報を頼りに選んだ、
この店先カンバンの店。。。
よく見ると、美味しさ以前に、
確信犯的な言い訳、いろいろ書いてありますわね(苦笑)

結果的に、
非常に不味い酒になってしまいました。。。

そそくさと切り上げ、その次のお店では、
結構愉しく、美味しい晩御飯をいただけました。。

お店選びは、重要ですね〜。
  1. 2011/04/20(水) 21:32:36|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

槻の池オープン。

でしたが、、、。

イマイチ。

まぁ、数週間前までは結氷していた池なので、
水温が低いことは確か。。。ですが、

なんか、イマイチ。

数ヶ月ぶりの解禁だから、きっと、ドカンと
アタルだろうから、、、。と、お気楽ナイロンラインのみ
一本竿で臨んだのですが、、、。

あたり、わかりません。。。
しっかりとアタるのは、小型ばかり。
しかも、殆どバレる。。


大型は、目視で確認したところ、喰ってはいるのですが、
全くその気配は手元に来ないような追い喰い反転なし。
よって、一匹も寄せることはありませんでした。

ということで、非常にさみしい解禁日でした。。。
どうも、晴れない釣行が続きます。

でも、いいです。
今は大会に参加する気もありませんし、
沢山釣ることにも、興味がありません。
防寒着を脱いで、ドカ〜ンと飛ばし、ガツ〜ンとアタる。
そんな季節と、釣り方を渇望しています。。。

あ、そうそう、
そろそろ川の準備もしなくてはね。

  1. 2011/04/13(水) 22:16:57|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

この数週間、、、。

少し前、久しぶりに、三重県の大安トラウトレイクに出没。
桟橋の配置等は多少変わりましたが、昔と変わらない雰囲気。
安心しました。

でも、

ボウズでした。。。

釣堀で、ボウズ。。。
でも、私が鱒釣堀を始めたのもココですし、、。
昨今の気持ちが、ココでの釣りを求めました。

あの釣れなさは精神的に鍛えられ、むしろ清浄作用がはたらきます。
思い切り遠投したり、沈めてみたり、浮かせてみたり、いろいろ、空想を働かせ、
試みる楽しみ。答えのないパズルのようで、誰もが結果を大きく期待したり、気負ったりしていない。
「釣れないこと」により、釣り人の間に妙な連帯感があったり、、、。独特の雰囲気の釣堀です。
時々、オーナーが世間話に来ますが、「ほんと、釣れない釣堀ですねぇ。。。」と、
臆面もなく云う私。むしろ得意気なオーナー。 
何故なら、一旦釣れると、平均50cmくらいの、ヒレも揃った大型が中心。
普通は数匹で満足でしょう。。。

タックル等に細かい制限がないのが魅力との人も居ます。
最近の鱒釣堀でのルアーは、極小化、粒エサ擬似化が進み、
そういうモノを使う人にのみ釣果がもたらされる傾向が強くなってきている風潮に、
ルアーの規制という方法で対処する釣堀側。もっともな対応であると思います。
でも、いろんな方法で魚の反応を確かめたいのも、釣り人としては正直な気持ちではあります。
かといって、せっかくの一日を愉しむのですから、朝から晩まで極小。喰わせ方も皆同じ。。。
では、ちょっと寂しい。。。
そういうジレンマを感じる向きの、私のような人にとって、

この釣堀は、相当ハマると思います。
また、そのうち、、、釣れない釣りに行くと、思います。
  1. 2011/04/06(水) 22:10:49|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。