鱒釣堀競技者? 畔人? Stanの備忘録。

春,夏,秋は畔。 冬は鱒釣堀大会。 鱒族を追って月日が流れる 、私の独り言&備忘録。

明朝、ハーブの里大会。。。

明日は、ハーブの里ガチンコ大会です。

雪は、いつものことながら心配していません。

長野といっても、木崎湖越えるまでは、幹線道路には然程残らないのが常。。。

ハーブの里は湧水ゆえ、凍結も心配ないのです。

(冬場の、穴場ですよ。。。)

ウエザーニュースを確認したところ、、、。

朝7時の気温、-15℃ 風速3m 。。。

ん??

-13℃は、出勤時に経験していますが、、、。


-15って???

(笑)


簡易計算してみると、湿度20%として、

体感、-20℃くらい。。。


この状況で、はたしてヒトは、釣りを続けられるのでしょうか???


恐らく、日本で一番低温での大会記録となるのでは。。。


釣れる、釣れないはともかく、

イイ経験してきたいと思います。

ほんと、アホですね。(笑)



スポンサーサイト
  1. 2012/01/28(土) 23:47:11|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤリエCUP〜TIMON CUP参加

ヤリエCUP 

ヤリエ製品は,ピリカ,T-SPOON をはじめ,MK2フック等がお気に入りです。

王禅寺は,なかなか行けない釣り場なのですが,
マッディで水深(起伏)があり、非常に魅力的です。

管理人の永井さんが創る品や釣法は,単に流行を追うのではなく,
釣堀競技選手目線から一歩引いた,冷静な検証に基づいた理論で導き出されており,
流布する釣れスジ情報とは違い,(ときには,ハズしていることもありますけどね。)
私はいつも面白い刺激を受けます。


開会式では,先日亡くなられた方(前記事)の黙祷を,皆で行いました。
「ビンボーパン」の名づけも彼だったなぁ。。。
などと,しんみり想いながら,冥福を祈りました。


一回戦
山側,島の手前。
なぜかバランスを欠いた釣りをしましたが,
なんとか勝たせていただきました。

二回戦
エサ釣り場所の近所。若い方と対戦。
ほぼ,同じ釣り方をする彼にはアタリがたくさん。
私は時々しかアタリが取れず,大苦戦。。。
(微妙な場所の差。。。と,思いたい(笑))
数匹差のまま,終了してしまいました。
三回戦,彼の審判をしましたが,不覚にも,よく見ず私がOKとした判定に対し,
そのとき,劣勢にありながらも,微妙なすれがかりであると自己申告するなど,
立ち振る舞いもトガったところなく,若いながら尊敬に値する人でした。

昨年とは異なるアタリの出かたと,水色に戸惑った大会でした。。。



TIMON CUP

王禅寺と同様,マッディ,水深もソコソコ。
少し釣り座の間隔が狭いのが難点ですが,私が望むような,
ほぼ,ガチンコが続く大会。

途中は,端折りますが,なかなかイイ釣りができました。
ティアロの実績ある動きと,ニブルのフォール。そして,
ヤリエの細軸8番フックの刺さりと耐久性に
幾度となく助けられることになりました。
フックは今後,軽量系スプーンへ順次投入してゆきたいと思います。


結果,快進撃で準決勝進出。コレを抜ければ「トラエキ」復活です。
休憩なしのガチンコ続きで,気負うところもなく,来てしまいました。

少々集中力と,考察力が疎かになっていたのかもしれません。
それまでのボトムリフト&フォールリトリーブが効きづらくなってきて,
少々焦りました。。。


結果,準決勝敗退。

そして3位4位順位決定戦。

ヤな予感通り,,,,敗退。。。



つまり,,,トラエキが,また,帰ってゆきました。

反省点:それまでコンスタントに反応させていた
ボトム釣法に慢心し,少しタナが上がったことが認識できなかった。。。
すっかり見失い,クランクを的外れに引いてみたりしたことも,
結果的には貴重な時間を浪費することに。。。



でも,

ま,

観ていてくれた方々,皆さんには,非常に愉しんでいただけたようなので,
ヨシとしましょう。。。
(カケてバラした時の「オ〜」ってどよめきは,痛快でした。。。)

今回は,悔しさが然程フラッシュバックしないのですが,
なんなのでしょうかねぇ。。私も楽しかったからか??



ジョイバレー,加賀地方予選巡業のエントリーも完了!

まだまだ,ポジティブにゆきますよ〜。


支離滅裂,失礼。
修正しても,しても,直りません。。。
  1. 2012/01/23(月) 23:23:53|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ありがとう。。。お疲れ様でした。

関西の鱒釣堀競技を引っ張ってきた方が、本日、急逝されたと伝え聞きました。

私よりも数歳若い彼。悪い冗談かと思いましたが、真実のようです。

昨日の開成でも、大会に参加しており、私のすぐ近くの組で、

予選のスタート出遅れたけど、なんとか巻き返して勝てましたわ〜。。

って、喜んでいたけど、

ココが痛くて、忙しくて、、、と、いつもの調子で語り、

彼なりに元気そうだったのですが。。。


よく、冗談でひとに、「死ねばいいのに」というのがが、彼の口癖でした。



彼との最初の出会いは、ドットコム東北FPでのこと。

当時は、ヒゲをたくわえ、今とは全く異なった雰囲気の人でした。

そこで、参加賞として配布された某社の記念碑的スプーンを

使い倒したい気持ちがつのり、彼にメールしたのが始まりでした。


その後も幾度か連絡し、できたばかりの某フックを実釣させてもらったり、
(あの刺さりと、残酷なまでのホールド力は、今でも健在です。)

ときには、仕事以外の吐露メールをくれたり、電話くれたり、

信州の我が家にも遊びに来てくれたり。。。でした。


最近は、ブチ切れたように、従来にも増して東奔西走していましたね。


関東での展開を志し、そのために履きつぶすように乗り換えた車、3台のうち、

2台目は、ある人のために、乗りやすいこういうのに換えたって言っていたこと、思い出しました。

3台目は、車中泊するのに便利なんですわ。。。って、一昨日話したばっかりだった。。。

某、巨漢強面(でも、いいヒト)にも、最近は、こうですわ〜って、タメ口聞いてたのも、昨日。。。

開成から帰る前に、声かけたのが最後でした。信州経由で仕事して帰るとは、聞いていました。


全然実感がわかず、電話してみましたがやはり、彼は出ません。

悪い冗談であることを期待していますが、これが、現実のようです。


エネルギッシュに駆け抜けた9年間。。。お疲れ様でした。
  1. 2012/01/16(月) 23:51:06|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

開成FS<<タイムスリップ。。。

トラトラ@開成

1回戦。
放流がうまく獲れず、敗退。5−2だっけ、6−3だっけ??
誤ると恐ろしい、上池ロープ近辺。。。

で、負け組。
CHASERが効いて、負け組決勝まで進出。

でも、、、

決勝は放流された銀鮭が少し獲れたものの、
そのあとは手前に魚の気配が消え、アウトレット角近辺以外は沈黙。

2匹で終了。。。4匹獲れば、負け組勝ち抜けサドンデスだった。。。

パリーグ池での某、ストロングな釣りが効いたのが今回のハイライトだったかも。

以上。


  1. 2012/01/15(日) 23:59:59|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0