鱒釣堀競技者? 畔人? Stanの備忘録。

春,夏,秋は畔。 冬は鱒釣堀大会。 鱒族を追って月日が流れる 、私の独り言&備忘録。

今シーズンの終わり&始まり。。。

川。

近年まれにみる、少ない釣行でした。
初釣行は早かったものの、その後は、妙に風邪気味だったり、そんな週末は、
必ず悪天候だったり、気分が乗らなかったり、所用だったり、、、。
春先に検討していた、プロジェクト釣行も、結局実行されず。
それに踏み切れなかった後味の悪さに、川も引きずられた感じ。。。

今考えると、やり残した感、いっぱいでしたね。



釣り堀。

上記の間、釣り堀に行ったかというと、そうでもなく、、、。
十数年も釣り堀に行ってると、経験上、この時期は、家で休んでたほうが、、、。
と、判断される時期(酷暑)には、動きませんでした。
時々、大会参加や、それよりも少ない一般釣行で、半日とか、、、。でした。

でも、焦るわけでもなく、気分しだいに過ごしていました。
ここ5年くらいの間に、釣堀技術(?)は、広く知られるところになり、
以前では、常に競技に携わって居ないと、技(?)方法(?)の進歩に
ついてゆけなくなることも多かったのですが、

最近は、競技を嗜むものであれば、誰もが一定の技(?)物量(?)を備えており、
情報量と、論理的思考(?)合理的思考(?)の差が中心となってきているため、
その考察結果を、方法論にとらわれず、正確に実行する。
そういう方々が多くなってきています。それも、鱒釣堀競技では、重要であり、
愉しいところかもしれません。

でも、私にはあまり興味のない分野でして。。。(笑)
鱒釣堀に、”意外性”を、求めるのが、時代錯誤かもしれませんけどね。

ともあれ。。。

こんな私も、10月が近づいてくると、ようやく鱒釣りの気分が蘇ってきました。
例年にない仕上がりだと思います。(悪きにつけ。ですけど。)

アイテム的には、例年にない充実が始まっており、如何に自分のモノとして、
最適化するかという楽しみも増えてきました。

10月下旬にはトラトラ地方も始まるようですし、徐々に慣らしてゆきたい。
と思っています。。。

* 次回、ドットコム平谷は、所用のため、不参加です。。。残念!! *
スポンサーサイト
  1. 2012/09/23(日) 22:53:17|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

季節の話題

サンマの骨が、
のどに刺さったよ。

秋だなぁ。

  1. 2012/09/10(月) 20:36:58|
  2. 信州暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0