鱒釣堀競技者? 畔人? Stanの備忘録。

春,夏,秋は畔。 冬は鱒釣堀大会。 鱒族を追って月日が流れる 、私の独り言&備忘録。

プロジェクト釣行まで、あと少し 3

台風の動き。。。



日本到着はある程度予想できますが。。。

カムチャツカは,台風の墓場でもあるという事実。

出来ればいいコンディションで臨みたいものです。。。
スポンサーサイト
  1. 2014/07/31(木) 13:23:56|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロジェクト釣行まで、あと少し 2


トモさんに示唆頂いた,
平成版釣りキチ三平カムチャツカ編
早速閲覧しました。

昔から愛読してた(昭和版)釣りキチ三平の
緻密な絵と描写は全く色あせることなく継続されており,
ちょっとした驚き。。。
漫画取材当時,たまたま同行していたのであろう登場人物に,
旧知の方らしき人が描写されて居たり,ちょっとした仕掛けも
面白かったです。
また,街の雰囲気等は釣りに次いで興味深かったことであり,
見たい場所が増えました。


クマの巣。
蚊の猛攻。

仰る通り,マンガゆえに尚更恐ろしく描写されており,
読むなりちょっと二の足を踏んでしまいました。
そういう葛藤に対し三平は,

彼らしからぬ現代的な「もう旅行代金払っちまった。」
ことを小さな理由に掲げ,

「釣り人としての虫が収まらない」
ことを大きな理由とする,

その気持ちは全く同じで。。。大きく頷いてしまいました。

漫画を見てから一寸迷っているのは,
水押しの太さと強さを理由に三平が25g以上のスプーンを
選択したこと。(漫画ですが,されど,,,。)

20g前半であれば,充分実績を積んだ今のタックルで対応可能ですが,
それ以上となると,あと一段強化した仕様が必要かなぁ。。。と。

かたや今回,釣堀タックルで世界制覇を狙う某氏も,いますけどね(笑)


漫画では一連のカムチャツカの釣りを経験し,
三平は微妙な心境に至ります。
これも,私が過去北海道の鮭釣りを経験して感じたことにピッタリはまり,
あとは,そうなるのに何日かかるかなぁ。。。というところ。

釣りを永く楽しむためには,そういう気づきは必要と思います。

勿論,,,。私は今回の釣行(旅行)は,楽しみにしていますよ。。。
  1. 2014/07/22(火) 13:10:56|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロジェクト釣行まで、あと少し 1

日本では、一般会社員がまとめた休みを取れるのは、
GW, 盆,正月。

今回のプロジェクト釣行は、
もっとも鱒釣りに縁が薄いと思われるお盆に決行します。

昔ならば、お盆は殺生禁止やで〜。。。
とたしなめられるところでしょうが、、、。
今回はお盆が関係ない場所に遠征します。

行き先は、ロシア。 カムチャツカです。

本年2月ごろから漠然と情報を集めはじめ、
北米やNZ等に釣りツアーを主催している、
日本の旅行社から見積もりを取ったりしましたが、
いまひとつ最後の一押しに欠ける内容で、
暫く現実味を帯びることはありませんでした。

結局、
今回は個人手配で旅行を組み立てることにし、

飛行機は
夏季限定で日本から観光ツアーを行っているチャーター便に
便乗させてもらうかたちで席を確保し、
visaも代行してもらいました。
(要 現地受け入れ先のinvitation letterとvoucher)

釣りのガイド+現地手配は、
現地のエージェントに直接依頼することにしました。
「空港で到着時にドル建て払い」という条件がちょっと不安でもあり、
「英語では寡黙だが、ボディランゲージは得意である。」
とエージェントが云う、ガイド氏のポテンシャルがいかにも、
「怪しいロシア人」的で未知であり。今の段階ではなんとも。。。
という状況です。
お勧めできるエージェントであれば、後日記載することにします。

現在は、指さしロシア語を時折眺めていますが、
(文法的に覚える時間も気力、あと脳力もありませんので、、、。)
今までまったく接点のなかったロシア語。
単語でさえ全く聞き覚えのない、呪文のように長いコトバに
ひとつ覚えたらふたつ忘れる悪戦苦闘状態です。

最終的にはボディランゲージ大会となるのでしょうがねぇ。。。
でも、それもまた、一興。

いつものアジアから、一寸毛色の変わった旅になりそうです。

また、旅の準備進行とともに、気が向けば。。。
  1. 2014/07/17(木) 22:39:56|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ブレる。

暫く,今期の鱒釣堀(大会)は休止と考えていましたが,

折角近所で開催されるのですから,,,。

週末の.com@ニレ池は,参加しようかと(微笑)

先日の,.com@シルフで,ハーブの里常連の方が見事

優勝&準優勝したことは,嬉しいものですが,それは別ですね。。。

一昨日(日曜)は,前述ハーブの里に遊びに行ったのですが,

最近の畔中心の釣行で「気配がない」ことが日常になっていた私に,

「居る魚に,喰わせる」新鮮な刺激があり,「鱒釣堀も,愉しい!!」という,

ちょっとした気持ちの揺り戻しがあったのが大きいかな。

他に理由として,新製品(バッカン)の,自分なりの使いこなしも必要だろうし。

(一寸だけ気恥ずかしい。。。と云いながら,選んだのは派手な赤色。我ながら矛盾しています。。。)

コレ担いでいると,ヤル気満々!!てオーラが出てそうなので(笑)

でも,

冬場のトラ金の頃には恥ずかしくなくなる不思議。。。

我ながらメンドウですよね〜(笑)

その延長線上には,臆面もなく,以前は否定的だった千手観音上等!! 

バッカンのロッドスタンドを利用し,来期は3本以上の竿を担いで移動しているかと思います。

プレッソのロッドスタンド拡張キット(名称不明)が,私的にはしっくりくるけどね。

あ,

全然話題が逸れましたね。。。

取り急ぎ,週末までの台風の動きに注目。

どうか,皆様ご無事で。。。
  1. 2014/07/08(火) 16:32:19|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3