鱒釣堀競技者? 畔人? Stanの備忘録。

春,夏,秋は畔。 冬は鱒釣堀大会。 鱒族を追って月日が流れる 、私の独り言&備忘録。

いつかは行きたい 一生に一度だけの旅BEST500

いやいや、、、。
こんなにBlogを更新しなかったのは、初めてです。
Gooの時は、ポータルとしても使用していたので、自然と書きたい時にパパッと
思いを文字にしていたのですが、FC2は今のところ私のNet生活では完全に独立した場所にあり、
今までとはちょっと違う扱いになっています。

さて、この間の私。何をしていたかといいますと、、、。
記事として残すようなことは、何もしていませんでした。  ホントに、何も。。。
一年前は、カムチャツカで釣りに没頭していたんですけどねぇ、、、、。

”鱒釣り以外”を目標に、地味にいろんなことを試し、愉しんではいました。
そんな私が最近買ったネタ本は、タイトルの通り。
いつかは行きたい 一生に一度だけの旅BEST500
思いのほかタイトルより内容は控えめで、淡々と記述されていますが、一生かけても行けない場所を含め、
写真と地図を眺め、妄想を巡らせています。

これらは、既述の腱鞘炎が、あまり思わしくなかったのが、第一の理由です。。。
畔のフルキャストや、釣堀での連続キャスト等々、、、。
強烈ではないのですが、そのたびにピキピキ痛む肘に、
”これは、一度しっかり休もう”と、心に決め、6月くらいからは全く
釣竿に触れない日々が続きました。逆にそれが私的にはものすごく新鮮で、
どこまでこれを続けられるだろう?という好奇心にも後押しされました。
そのほかには、今まで全く気にも留めなかった邦画のコテコテ映画作品の鑑賞や、
買いだめるだけで、深く読むことのなかった本(雑誌含む)の再読等、
フィジカル面ではきわめて楽な生活を送っていました。
そのため、この夏は例年にない”色白”状態となりました。

先日、ようやく例年1回催行のオフショアライトジギングに行き、
久々に竿を握り、リールを巻きました。
最初は痛む右ひじの再発を恐れ、左ロッドの右巻きを試みていましたが、
まともにリズミカルなシャクリとリーリングができないので、
途中からはいつもの調子に戻し、右手シャクリを続けたところ、
思ったよりも痛みがなく、何とか復帰に近づいたかな?という
感触を得ました。(釣果は過去最悪でしたが。。。(笑))

9月6日の、ドットコムニレは、、、。
微妙なキブンなのですが、
ドットコム平谷は所用で出られないことがほぼ確定、、、
いや、道すがら、、、。という気持ちも少し、、、、。
という感じで、多分、たぶん、タブン、、、。
秋には釣堀競技の世界に戻ってくると、思います。

もうしばらく、こういう状況を愉しみたいと考えています。。。
なんか、久々の投稿は、文章があっちへ行ったり、こっちへ行ったり、、、。
妙な感じです。。。
スポンサーサイト
  1. 2015/08/18(火) 00:01:16|
  2. 未分類
  3. | コメント:2