鱒釣堀競技者? 畔人? Stanの備忘録。

春,夏,秋は畔。 冬は鱒釣堀大会。 鱒族を追って月日が流れる 、私の独り言&備忘録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あえて、はずす。。。

トラ金、始まりましたね~。

と、いう話題を想定してのアクセスが、徐々に増える季節になってきました!

でも、その期待に反し、チャリネタを(笑)。。。
road bike
STIの不調が、未だに後を引きずっており、一時はSTIメカ全バラシの
無謀な状態から、固くなったグリスを除去して組みなおしても、イマイチ。
流石に、いまや9速メカ現役のSORAにダウングレードかと、幾度も
検討しましたが、あきらめきれず、シフターリターンスプリングを短くして、
暫く使うことにしました。。。
組みつけ直後はスプリング自体が干渉してかえって動作が悪くなりましたが、
しばらく動作させてると、馴染んで、何とか動作可能になりました。

あと、ただ走るだけではつまらないので、サイクルコンピュータを導入しました。
computer

キャットアイ製品は、完成度が高すぎてでも、ちょっと造形上の美しさは??
なので、これにしました。VDOのm2 ワイヤレスです。
使用感は、可もなく、不可もなく、、、。
あ、まだ、ブラケットポジションの調整中で、バーテープ巻いてません。。。

さて、、、釣りの内容も少々。。。トラ金 平谷湖、行ってきましたよ~。
ん~~~。という、惜しむべき結果でした。せめて、川側で釣りたかったなぁ。
というのが、正直な感想ですね。。。
「口角上がる、愉しい方」に2回目の放流対応で負けてしまったのが、
自責によるものなのか、他責によるものなのか。。。おそらく、自滅(が、原因)でしょうね。
また、”どうしても、勝たねばならない!!”などという気持ちが弱かったのも事実。
せめて、昨年から巻きっぱなしのラインを変えておくべきだったなぁ。とか、いろいろ。。。
ま、近場でできる限り頑張ってダメなら、、、などと、毎年同じこと、考えてます。



スポンサーサイト
  1. 2015/10/20(火) 01:39:10|
  2. 鱒釣り
  3. | コメント:2

いい感じ!!!

handle.jpg

朝の気温が一ケタになった昨今、私の週末は、釣りと並行して、
現在はチャリも定着しつつあります。

主に学生時代に傾倒していた時と異なり、現在はチャリのスモールパーツでも、
ネットで購入が可能なんですね。。。 先日の記事の段階では、どこかショップに
ある程度依存する部分があるかもと思っていましたが、訪問した結果、
そんなに必要性を感じられなかったのは確か。
近所の某ショップに行って質問しても、商品としての説明はできても、 ん~。。。
どう使うかとか、使用感はどうだとか、それよりこちらのほうがいいよ。とか、そういう話の出来る
店員さんはおらず、そもそも、前述チューブラーの品ぞろえは1品種のみ。、
今はクリンチャーですよ!って言いきる店員。 なんだか残念。。。という感じ。
期待はしていませんでしたけど、緊急時の物品確保場所って感じのお付き合いになるかな。

ロードジャージとパンツも新調しました。
以前はパールイズミを筆頭に、モノは間違いないけど、学生には辛すぎるぞ。。。
てな高値でした。今は、信じられない安値でヨーロッパプロチームの
コピージャージが売られています。物は試し。。。と購入してみましたが、
見える部分の縫製や発色もよく、速乾性にも優れた品でした。 
これからはあまり絞り込まず、食指が動いたら即購入でもいいかな。。。と思いました。

学生の頃は、落車してボロボロになったレーパン(レーサーパンツ)を、一針一針、
継ぎ合わせて使ったり、パンクしたチューブラーは、中の糸をほどいてチューブを出し、
修理が終わった後はまた縫い合わせる。などという途方もなく手間のかかる方法で
愉しんでいた、そのころのひたむきな気持ちは、失わずいたいものです。

現在は、身体を自転車に乗るモードに徐々に戻しています。
まだまだ、、、時間はかかりそうで、今はチンタラ走るのが精一杯ですけどね~。
最も衰えているのが登坂力。以前の記事にもある通り、上半身と脚力の
劣化具合がすさまじく、今はどの筋肉を使っているのか意識しながらの
回転数中心の走行になっています。
でも、本当の激坂だと、今は回転すらできないんですけどね。

ま、大会を目指すわけでもなく、気楽に前に進んでいます。。。(笑)
  1. 2015/10/10(土) 21:53:22|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。