鱒釣堀競技者? 畔人? Stanの備忘録。

春,夏,秋は畔。 冬は鱒釣堀大会。 鱒族を追って月日が流れる 、私の独り言&備忘録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

こういう、時代。

自転車レースで「隠しモーター」、史上初の技術不正が発覚

ん~、、、。
今を去ること20年前、、、。
イノーの軽やかなペダリングを見て、空想した世界。
当時は、きっと、強力なゼンマイが仕掛けられているのだ。。。と(笑)
そして、21世紀。。。
あっちゃいけないことだけど、
モーター内蔵自転車を競技の世界に持ち込むとは、、、。
メカニカルドーピング。
工業技術の進歩あってこそですね。
バッテリーの小型大容量化、
モーター磁性体の強力化、
収容フレームの軽量化
等々、、、。

構造図を見て、納得!
そういう収納方法があったのか。。。
変速機の電動化は進んでいますが、
その構造の陰に隠れることができたこともおおきいかも、、、。

生身の人間が、持てる能力の優劣を競う。
最もシンプルな、競技の原点。

言いたいことは、鱒釣堀競技にもちらほら。
私の思うところは、理解いただけたかと。。。


スポンサーサイト
  1. 2016/02/01(月) 22:55:32|
  2. その他
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。