鱒釣堀競技者? 畔人? Stanの備忘録。

春,夏,秋は畔。 冬は鱒釣堀大会。 鱒族を追って月日が流れる 、私の独り言&備忘録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トラエキ@瑞浪から帰ってきました。

トラエキ@瑞浪から帰ってきました。

予選敗退でした。
完膚無きまで、完敗です(苦笑)

今回私は予選B組。
A組はトラキン史上稀に見る大爆釣大会となりました。
それがおさまった、B組。しかも盛況だった場所の反対側。。
相当量の魚が放流されたとみえて、そういう場所でもソコソコ反応が有ります。
本日はヒカリモノ系が非常に良かったようで、大会開始直後から一貫して
ヒカリモノを引き通した人達に凱歌があがりました。

私はというと、、、
活性が高いような、低いような、、、。最後まで見極められませんでした。。
スプーンの色はハズしており、クランク投入時期を誤り、、、。
幾度か通ったことがあるからこそ、今までの実績を無視しきれませんでした。
開始直後の連続バラシもさることながら、当初リードしたものの、
その後はいいところ全くナシ、、、。結果は4匹差、大差で敗退。。
ま、こういう日もある。ということで。。ということにしておいてくださいね(笑)

今回も決勝戦は見所満載でした。優勝した方は、先回の尾瀬大会では
底釣りをこなし、今回はヒカリモノを駆使して獲る術に長けていました。

印象的だったのは、稀に見る良く釣れ、白熱した大会だったこともあり、
敗退後の見学も相当に面白かったこと。時には選手よりも
審判の活性が高い場面も、、、(笑) 笑いが絶えない上位争いでした。
今までの大会の応援風景は、有力選手と、それを取り巻く人達で構成され勝ちでしたが、
今年の大会はそういう壁がなく、皆が双方の選手を応援し、観察するという、
ひと昔前の大会風景からはかけ離れたものになっていました。
後一歩進め、一般の方も巻き込んだ観戦が出来るようになれば、
鱒釣堀大会の社会的認知も本物に近づく気がします。非現実的ではありますが、、、。

今回の大ブレーキで今年度のマイスター争奪からは脱落しましたが、
残るトラエキ@白河も、試行錯誤を愉しみながら準備をすすめ、
少しでも総合順位を上げたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2006/03/19(日) 21:24:50|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<今年のトラキンエキスパート大会放送 | ホーム | もうじき出かけます!>>

コメント

トラキン瑞浪

Stanさん、お疲れさまでした。

いやぁ~疲れましたよ、ホントに・・・

勝ち抜け戦はもう体力が持たないです。

1回戦ですべての力を出し尽くしました(泣)



今回の大会はパターンがある程度読めていましたが、誤算は2つ。



1つ目は1回戦目でユキさんと当たってしまったこと。壮絶な爆釣劇は47尾で制しましたが、体力のほとんどを奪われてしまいました。



2つ目は2回戦目後半でクランクを選択してしまったこと。光物スプーンの反応が悪くなった時、1g前後スプーンorクランクで一瞬迷いましたが、強風だったのでクランクを選択。予想外のクランクの反応の悪さで数が伸びずサドンデス。

もうすでに気力・体力はありませんでした。



今は悔しさもあるけど、満足感みたいなものもあったりして、妙に複雑な気持ちです。



自分はやっぱり後半組でポツリポツリと釣っていくのが合っているのかなぁ・・・
  1. 2006/03/19(日) 23:45:45 |
  2. URL |
  3. eiichi #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

お疲れ様でした。

皆さん、お疲れ様でした。

勝ち抜け戦は、楽しそうだけど、常勝は厳しいですね。



第2回鱒連大会の開催(5月20日~21日)が決まりましたので、トラエキ終了後は、まったり大会(オールナイト大会なので、体力はいりますが)への参加お待ちしております(笑。

※正式なエントリーは、近日中に開始します。
  1. 2006/03/20(月) 09:57:32 |
  2. URL |
  3. 副長 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

僅かな判断のタイミング

eiichiさん、お疲れ様でした。



今大会予選で最も釣れ、最もお疲れ様でしたね。

A組の好況は審判をしていた反対側にも逐次伝わってきていましたので、

羨ましいなぁ~と言う気持ちと、観戦したい気持ちが交錯しました。

それにしても、一時間で47匹とは、、、。体力が持たないなんて、

最近の若いモンに勝てませんよ(笑)



2回戦もカメラを引き連れ、いきなり掛けまくっていましたね。

eiichiさんの手返しの速さに驚いていた人も居ましたよ。

私は対岸で観戦していましたが、最初のあの勢いで、

きっと抜けたものだと思っていたのですが、

トラエキは僅かの判断の違いが大きく結果に響きますね。

「クランク効かね~よ」とのeiichiさんの声が印象的でした。



私の尾瀬は今のeiichiさんのような気持ちでした。

2戦を終え、私とポイントが並んでいますね。

ざっと集計した結果は15位前後かな?



さて白河。eiichiさんの準ホーム?

この際、ガンガン釣っちゃって波乱を起こしてくださいね!
  1. 2006/03/20(月) 21:33:46 |
  2. URL |
  3. Stan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

ナイター大会も面白そう!!

副長さん、大会情報有難うございます。

5月のHFRトラウトポンド夏季休業前大会ですね。参加したいですが、今の時期に集中的に休みを確保した分、5月はどうなるかな~。。



トラエキの勝ち抜きは厳しい分、愉しいですよ!来期(あれば)鱒連からも参加者が出るといいですね。
  1. 2006/03/20(月) 21:41:33 |
  2. URL |
  3. Stan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

番狂わせ役

今回はまったくスタイルを変え(って言うか、昔に戻してみた)、「バスタックルでの掛け」&「ドラグフルロックの強引な寄せ」が、ある意味アタリました。しかし体力を昔に戻し忘れました(笑)



次回白河は元ホームなだけにすべてを知っています。そう・・・2週間後はまだ一癖も二癖もあり釣りづらいということも(笑)



私も今期はマイスター争奪から離脱しているので、「番狂わせ」的な存在で頑張りたいと思います。

そろそろ勝ちたいなぁ・・・白河のお立ち台は見晴らしが良くて気持ちいいし・・・あっと驚く秘策が使えればいいなぁ。。。
  1. 2006/03/20(月) 23:05:00 |
  2. URL |
  3. eiichi #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

強引な寄せに対して、

今回の私は無茶な寄せでした。。

開始直後のドラグフルオープン(笑)の失態と、その直後の無茶な寄せ。そしてなかなか定まらないパターン。。



白河のお立ち台の見晴らしの良さを最も知っているのは、eiichiさんですよね!

難しい時期って言う情報は先日仕入れました。

eiichiさんなら、きっとダイナミックな技を見せてくれるのでしょうね~。。期待しています。



私は一年越しの尾瀬白河仕様が通用すれば、それで満足!しかし、”通用=優勝”ですがね(笑)道程と同じく、遥か遠いということは分かっていますが。。



前日から?宜しくお願いしますね!
  1. 2006/03/21(火) 06:33:51 |
  2. URL |
  3. Stan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://stan0trout.blog.fc2.com/tb.php/144-d1a231da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。