鱒釣堀競技者? 畔人? Stanの備忘録。

春,夏,秋は畔。 冬は鱒釣堀大会。 鱒族を追って月日が流れる 、私の独り言&備忘録。

週末鱒釣堀大会 その2

@ハーブの里LSL大会 宮澤杯

「大会開始直後高活性を確実に獲り、予選を逃げ切りたい。」と宣言したが、
くじびきでスタートは後半組になってしまい、大会爆釣の夢と楽しみは、消えた。
後半スタートの悪夢、トラエキ瑞浪、.com赤城が思い出される、、、。
スタートに勢いがつかないと、どうもノレない。
タックル準備に時間がなかったこともあり、水色もチェックせず、余り深く考えずに
一切のヒカリモノはワレットから削除して定番の茶色、緑色系をセレクト。
ワレットの中は六個のナチュラルペレット色に埋め尽くされた。
駐車場から池に近づくと、いつもとなにか様子が違う、、、。
どうやら薄い濁りが入っているようだ。。
カラー選択に予感がよぎるが、大会開始まで時間がない。。

前半組のスタートを羨ましく眺めた後、
(放流数に対して、思ったよりも反応は淡白だった。)
後半組のスタート。
タフコン想定なので後半の釣果持続を念頭に入れた選択で、
攪拌能力の高いスプーンで開始直後の中活性を維持しながら
ポツポツ獲る作戦だったのだが、、、。追いが悪い。肝心の沖でアタらない。
いつも定番のフラッシング系は、ない。奇しくも昨日の朝霞の魚と同じ喰い方。。
サイトが効き辛いこともあり、反転しない魚にノセ損ないを連発してしまう。
しかも急激に活性は低下してきている。

ならば、悪魔に魂を売って今回の最終手段として使用する予定だった、
アトミックをはやくも投入。ボトムを跳ねさせるが、不発。

この時点で今日のメインは「派手系色のリアクション狙い」と理解したが、
それを演出するルアーをことごとく削除したことが悔やまれる。
ハーブの里大会の面白い一面である。
結果、開始直後のローテは、ボーズ。。

ふ〜、、、。
まだまだ続く、反省レポート、、、。

と思ったけれども、この後は前日の朝霞をリプレイしているようで、省略(笑)
結局予選落ちでした。。 しかも貧果。最下位かも、、、。

大会途中、数週間前に池の底形状が改修されたことを知る。
この濁りはそういう理由だったのか、、、、。全く知らなかった。。。

大会中、水車を止めるものの、以前はインレットの流れが効いており、
その流れを攻めるトレースルートは比較的はっきりしていた。
しかし少なくとも改修後の表層は、魚の方向が不揃いで、非常に狙い難い印象。。

まさか、このような落とし穴があるとは思いませんでした。。

ま、大会結果はさておき、今回の参加者は51名!!素晴らしい大会になりました。
宮澤さん達が築いた、日本一難しいレギュレーションの大会。素晴らしく愉しいです。
まさしく今回、その難しさを再認識することになりましたが(笑)
これからも、出来る限り参加してゆきたいと思います。
今回、この企画を実現する為に奔走してくれたKAZUさんはじめ、皆様に感謝!

改めて、宮澤さんのご冥福をお祈りします。
スポンサーサイト
  1. 2006/06/27(火) 22:01:57|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<異空間 | ホーム | 週末鱒釣堀大会 その1>>

コメント

お疲れさまでした。

こんにちは、Stanさん。



今回は本当にお世話になりました!ありがとうございます!



あれだけ大人数の大会は本当に緊張しましたがStanさんと全後半の違いは有るものの同組だった為、大分気持ち的に助かりました。(人見知り^^;)



ハーブ大会の難しさを今回は自分なりに楽しめたので満足して帰路につけました!

今度はカレーを食べに遠征しますね♪

  1. 2006/06/28(水) 07:14:24 |
  2. URL |
  3. シロ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

お疲れ~でした。

Stanさん、シロさんお疲れ様でした。



私も小さくて体高の有るお魚に弄ばれて、予選落ちとなりました。

ハーブは???ですが、秋には手取釣法の現地調査に向いますのでよろしく(*^_^*)
  1. 2006/06/28(水) 14:52:54 |
  2. URL |
  3. 鉄竹 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

大会はしご♪

「おっし~っ 二件目行くぞ~ぉ!」

ってなノリで、

大会のはしごをした訳ですが、

楽しいし、

辛いし、

落ち込むし、

嬉しいしでギュギュッと濃縮された二日間でした!



次回は三件はしごを目指しましょう♪
  1. 2006/06/28(水) 23:56:49 |
  2. URL |
  3. oyakata #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

とはいえ、、。

人見知りとはいえ、しっかり釣っていましたね。

私のほうが、シロさんの釣りっぷりに焦りました。。

余裕の予選通過も見事です。





カレーは、北陸からダイレクトに遠征する価値があると思います。

で、いつ来ますか?(笑)
  1. 2006/06/29(木) 22:48:54 |
  2. URL |
  3. Stan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

そういわずに

ハーブは真夏でも大会があると思います。

流石にシブいと思いますが、練られたルールで

納得できる大会になるはずです。

朝霞のタフな大会に常に上位に入る鉄竹さんのことですから、挑戦する価値が大きいと思いますよ。土日で遠征、

如何ですか??
  1. 2006/06/29(木) 22:57:17 |
  2. URL |
  3. Stan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

濃かったですね!

嬉しかったり悲しかったりの二日間でしたね。

三軒はしごもいいのですが、次回はこちらの渓流も

覗いていってくださいね。



ミッツの正式発売、楽しみですね!

  1. 2006/06/29(木) 23:01:24 |
  2. URL |
  3. Stan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://stan0trout.blog.fc2.com/tb.php/181-9e4b7a8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)