鱒釣堀競技者? 畔人? Stanの備忘録。

春,夏,秋は畔。 冬は鱒釣堀大会。 鱒族を追って月日が流れる 、私の独り言&備忘録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クク負傷!

本日午後7時、いつものように仕事から帰り、車を停めたところ、
ククの鳴き声がしない。。

さては、何か悪さをして気まずいか??などと思いながらも、
無駄鳴き防止のため、すぐには見に行かず、しばらくして
覗きに行ったところ、ククが頭を下げたまま近寄ってくる。

初めて見るとびっくりするが、以前にもあった光景。
ククは自らの首輪を下顎に掛けたまま外れなくなったようだ。

今回は相当長時間引っかかっていたようで、
ククの頭や脚は泥だらけ。
どうやらあまりの恐怖にチビってしまったようでもある。

あ〜あ、、バカだなぁ、、、。などと呆れながらも,首輪を外してやると
いつもは普段通りに戻るのだが、この日は一生懸命脚を舐めている。
泥を落としたいのかな?と観察していると、泥が取れた後からは
鮮血が滴り落ちてくる、、、。これは、、、。
脚の又と、肉球のあたりを切っているようだ。。

急いで風呂場に連れてゆき、残った泥と、血液を洗い流し、
消毒こそやりませんが、後はククの回復力に期待して、
この週末は家の中のケージで過ごす予定になりました。

実は先日の逃走以来、首輪なしでは野良犬扱いされる可能性が高く、
ククは余り好きではない首輪を一日中付ける羽目になりました。
その結果、本日のような悲劇を招き、 おバカなククです。
本日は多少しおらしくケージでうなだれております。

ちなみに、シッポを下げたクク、初めて見ました。
人間で言えば、中学生。多感な年頃です。
スポンサーサイト
  1. 2006/10/20(金) 21:58:25|
  2. ククール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「大会に気分が乗らない」と云いながら、、、。 | ホーム | クク逃走!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://stan0trout.blog.fc2.com/tb.php/218-f59e980f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。