鱒釣堀競技者? 畔人? Stanの備忘録。

春,夏,秋は畔。 冬は鱒釣堀大会。 鱒族を追って月日が流れる 、私の独り言&備忘録。

23th ハーブの里ワンメイクトーナメント アンシスCUP 戦略

明朝大会だというのに、まだウダウダ起きています。
この時点で、「終了」でしょうかね。。

この時期、気候は快適で、釣りをしていても気持ちがいいのですが、、、。
魚は秋の恋愛シーズン真っ只中。
空は秋晴れ、お日様サンサン。
池はターンオーバー真っ最中。
釣り人の活性のみが高く、混雑する時期でもあります。

ということで、本日の大会は結構シブくなるのかも、、、。

いずれにせよ、アンシスCUP。

スタート直後はドーナ魚獲り合戦になるのは必至。
ここで、あえてOLIANを使うことはないでしょう、、、。

先日のバンバン@ニレ池大会で実感したのですが、
OLIANの使い途は比較低活性時のスタート直後。
もしくは、
大会中盤の巻き物が通用する時間帯、底トレース+手前掛け上がり
ラインの角度変化時。

これらで反応が良い感じです。

その使い方は当日決めたいと思いますが、

前半使用できるルアーは4個+当日支給品。
支給品を見てから内容は決めたいと思うのですが、

OLIAN 2.5g 1個
BUX 1.5g 2個(含む:.com Stanカラー)
DOHNA 2g 1個

これらを候補にしています。

さて、どういう展開になることやら。。

ようやく睡魔が、、、。
では数時間後に。。

スポンサーサイト
  1. 2006/10/29(日) 00:36:52|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<ひょうたん湖 釣行記 | ホーム | サンクチュアリ・チャンピオンシップ・トーナメント開催!>>

コメント

ゼロ。。

スタート直後ラウンド、釣果:0(ゼロ)



終了!!





でした。。



しかも、後半5つのラウンド、釣果:0,0,0,0,0(ゼロ)



泣!!





今回の華は、前半4ラウンド目。周囲沈黙の中のトップ釣果。



以上。。





スタート直後Dohna魚獲り合戦。

全くありませんでした。フレッシュだと思い込んでいたインレットの魚は、

前日プラで叩かれ抜かれた、お疲れ鱒でした。

本命のフレッシュ君は正反対の場所に鱒玉を作っていました。

また、そのサイズは、素晴らしく小型。。

それを獲れたのが、前半4ラウンド目。いい感じでした。



後半5つのラウンドは、獲れなかったものの、色々試すことになり、

第三世代ボトムの方向性を見出しました。(現場は、動いています。)

私には耐えられない釣りになりそうですが、何とか対応してみようと思います。



と、お茶を濁しましたが、、、。

今回のアンシスカップは正直、もう少し獲りたかったです。
  1. 2006/10/30(月) 22:40:22 |
  2. URL |
  3. Stan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

お疲れ様です。

タフなコンディションの大会だったようですね・・・

数個のスプーンだけで、ローテを考えるなんて、

想像できません・・・

  1. 2006/10/30(月) 23:51:25 |
  2. URL |
  3. タカジン。 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

おつかれ ました(笑)

限られたスプーンを如何に駆使するか。。。
不便な分、この縛りが面白いですよ~。
大会の環境の下、色々なセッティングを試すことが
できたり、非日常環境テストには最適です。

次回はスミスCupです。
タカジン。さんも、一度遠征してみませんか??
  1. 2006/10/31(火) 23:27:38 |
  2. URL |
  3. Stan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://stan0trout.blog.fc2.com/tb.php/222-d9c244b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)