鱒釣堀競技者? 畔人? Stanの備忘録。

春,夏,秋は畔。 冬は鱒釣堀大会。 鱒族を追って月日が流れる 、私の独り言&備忘録。

ひょうたん湖 釣行記

フォレストのHPにUPしてもらいました。西日本 10月分です。ご確認ください。
スポンサーサイト
  1. 2006/10/31(火) 23:31:46|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<第一回サンクチュアリ・チャンピオンシップ・トーナメント 終了 | ホーム | 23th ハーブの里ワンメイクトーナメント アンシスCUP 戦略>>

コメント

Unknown

遅レスになりますがStanさんの行かれた前の週に午後からノンビリ行きました。
連休中で天気もよくそこそこ人はいましたが、フライ、ルアー、ボートもロッドが曲がってる気配はほとんどない状況みたいです。
第一桟橋の先端が空き表層50cm~1mぐらいでレイピア、ベスパの同オリカラ(ひょうたん湖高実績がある黒系)に高反応、スレはじめると途中一瞬フォーリングをさせたり、ロッドの角度を少し変えたりで回遊してくる放流してまだ日の浅いグループと思うマス相手に遊んでもらいました。これからマスのファイトも大きさもひょうたんらしく凄いファイトと戦略が楽しみで私的に期待大です。
  1. 2006/11/11(土) 15:54:24 |
  2. URL |
  3. T@naka #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

愉しい釣り場です。

T@nakaさんも行かれたのですね。
例年だと、バッチリな時期の釣行たったはずだったのですが、
今年は海も、釣堀も季節が遅いですね。。

ひょうたんと保古の湖は他の地域ではめったに
体験できない貴重な釣堀ですね。
T@nakaさんのように誘いで喰わせるもよし、ドッカーンと、
見慣れないシルエットで喰わせるもよし、、、。
いずれにしてもコレに慣れすぎると、大会での微妙な
アタリ取りが苦手で、面倒臭くなります。。

機会があれば、(出来れば平日)再訪したいと思っています。

  1. 2006/11/12(日) 22:14:24 |
  2. URL |
  3. Stan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://stan0trout.blog.fc2.com/tb.php/223-33ea84f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)