鱒釣堀競技者? 畔人? Stanの備忘録。

春,夏,秋は畔。 冬は鱒釣堀大会。 鱒族を追って月日が流れる 、私の独り言&備忘録。

サンクトーナメント終了〜来月新規開催。 + 新しい杖

先程帰ってきました。
今回は、同率5位。まあ、、、。ヨロシ。。

先週のフィードバックとして、(本来普通なことなのですが、、、。)
放流を丁寧に獲ること。鉄板で巻き中心の展開を心掛けること。
これを慎重に実践しました。
レンジを刻み、スプーンの振動を感じながらリトリーブ。随分久しぶりな気がします。
その結果、「お!!、これでイケるぢゃん。。」
ていう、またしても妙な思い込みを仕込んで帰ってきました。
来週のトラエキ発光路大会に向けて、いいイメージを取り込めました。
(発光路の釣りとは直接結びつくものではありませんが、あくまでも考え方です。)

今回、その思い込みを更に補強してくれる杖を緊急入手しました。
プリズムデザインのロッドDIVA70です。
無謀かもしれませんが、入手直後に大会使用してみました。
以前の試し振りで感じていた印象そのまんまの使い易い竿に仕上っています。
なかでも、タックルバランスの良さは特筆すべきで、非常に振りぬき易く、
PEラインとの相性も良さそうです。ボトムVer.0.5にも容易に対応しました。
これで、10年弱使い倒して馴染んでいる、シルバークリークからも積極的に
世代交代が行えそうです。
7フィートという長尺故、取りまわしが非常に大変ですが、やはりこれが私らしい釣り。
そう結論が出ました。使い倒してみたいと思います。

さて、サンクチュアリの大会シリーズは今回が最終戦。
しかしながら、来月からは新年版が隔月で開催される予定です。
大会とはいえ、管理人さんの尽力によって皆が和める常にいい雰囲気です。

相互審判方法は他の人の真剣な釣りを観察することが出来るので、
日頃の釣りに活かせるヒントと、ひらめきを試せるチャンスが多々あります。
皆さんも、サンクトーナメントから鱒釣堀大会を覗き、
挑戦してみては如何でしょうか? 

まずは、エントリーしてみましょう。
そこから、非日常的な釣りの世界が始まります。

私も来期はハーブの里大会、サンク大会をベースに楽しんでゆきたいと思います。

あ〜またしても、ネムイ、、、。支離滅裂文章ですな。。
スポンサーサイト
  1. 2007/03/11(日) 22:38:37|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<よぉし。 ついにトラエキ第二戦@発光路の森 | ホーム | サンクチュアリチャンピオンシップ最終戦>>

コメント

Unknown

上位入賞おめでとうございます^^
(不本意かな?)

早朝慌ただしくしてしまい、すいませんでした。
結局、嵐山には遅刻(笑)
スタートした頃に到着し、取り急ぎ用意はしたのですが、なんやかんやで約20分程ロスしましたが、なんとか6位入賞はしました。
一応、今回のポパイの大会は、前回千早で優勝したS君のPEラインでのクランキングを模倣したくて、ほとんどそればかりやって来ましたが、なんとなくコツみたいなものはつかめた気がしました。
結構充実しました^^

ところで、2回戦でうちのがいじめられたそうで^^
緒戦の仇討ちされましたね^^
  1. 2007/03/12(月) 18:07:14 |
  2. URL |
  3. うしさん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

愉しい大会でした。

不本意どころか、今の私には価値ある結果でした!
釣り方に色々な拘りと思い込み、そしてコレで釣りたい!
などという考えまで現れる現状を整理することが必要でした。そういう意味で、今回は従来のやり方で、釣果を積み重ねる釣りができたことに意義を感じます。

嵐山へは結局遅れてしまったのですね~。
放流を殆ど獲らない状況での途中参加で6位とは、流石です。その大会中も、トラエキ対策を試していたのですね。
PEは今後、鱒釣堀大会に欠かせないものになると思いますので、モノにしましょうね。

今回は何とか奥様に勝ちを譲ってもらったようなものです。。運が良かったとしか思えません。(笑)
  1. 2007/03/13(火) 22:38:52 |
  2. URL |
  3. Stan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://stan0trout.blog.fc2.com/tb.php/262-a053fae0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)