鱒釣堀競技者? 畔人? Stanの備忘録。

春,夏,秋は畔。 冬は鱒釣堀大会。 鱒族を追って月日が流れる 、私の独り言&備忘録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あわただしい日々、、。


今週後半は忙しかった、、、。
今、一日仕事を全力で午前中に仕上げ、帰宅。

火曜日にはの〜んびりと槻の池に居たんだっけ。。
アングリングファンの取材があり、Tさんが来ました。
今月発行予定、夏の釣り場特集だそうです。

雑誌の取材って、被写体+カメラマンだけのお気楽取材かと思っていましたが、
被写体1名、カメラマン1名、スタッフ2名の、なかなか大所帯。
始まってみると、釣るほうも真剣、取材するほうも真剣。緊張感が伝わってきます。。
まずは一匹、次はプラグで、次は数、次は、Big one、次は、綺麗なの、次は、、、。
要求は留まることなく続き、結局、「より良い一匹」を求めて翌日も取材だそうな。

今回はTさんが、釣れるかは全く心配に値しなかった。
それよりも、プロ根性を見せてくれたカメラマン氏が桟橋で寝転がったり、
フロートに片足掛けてみたり、、、。
そのうち落水しないか??そちらのほうが心配だった。
楽しかった。

唯一、
お約束「魚わしづかみ写真」の撮影は、見たくない光景だった。
実際のTさんは手を極力濡らして魚体に触るなど、努力されていたが、
雑誌を購読した読者にどれだけ伝わるか、、、。編集者の技量に期待しよう。

どんな出来栄えになるのかな〜??
今月のアングリングファンに、期待!!
スポンサーサイト
  1. 2005/06/05(日) 14:53:38|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<お気に入り 1 | ホーム | またまた出張〜〜。>>

コメント

もう1人のT氏。

槻の池の写真とってもよく撮れてますね♪

早くまた伺いたいです!



アングリングファン楽しみですね。っていうか、Stanさんの取材はまだですか??楽しみにしてるのに(^^)
  1. 2005/06/05(日) 23:03:25 |
  2. URL |
  3. シロ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

シュミの範囲で、、、。

取材現場はたいへんでしたよ、、。

事前の雑談でTさんが「緊張してきたよぉ」と冗談ぽく言ってたのですが、現場を見て納得しました。



メディアとはシュミの範囲を超えない関わりをしてゆきたいですね。

それが一番、面白い!!



  1. 2005/06/06(月) 00:14:00 |
  2. URL |
  3. Stan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://stan0trout.blog.fc2.com/tb.php/27-eab99ada
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。