鱒釣堀競技者? 畔人? Stanの備忘録。

春,夏,秋は畔。 冬は鱒釣堀大会。 鱒族を追って月日が流れる 、私の独り言&備忘録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

川での半日〜池での夕刻


連休後半開始日。
前日雨混じりの天気。
満月。

これらの事象を鑑みると、
一年で最もプレッシャーにさらされる、この時期の川。
マトモに釣りが展開出来るのは、「今日しかない」と、
連休前夜祭(単に自宅で夜更かし)の寝不足を
はねのけて行ってきました。

午前5時遡行開始〜午前11時入渓点帰着。

先行者なし。魚影濃し。いい時間を過ごせました。
少しサビの残る個体みられ、未だ早春状態の川でしたが、
逆に、昨年よりも釣り荒れていない印象でした。

さぁて、、、夕方のライズを狙いにいきますか。。。

スポンサーサイト
  1. 2007/05/03(木) 16:35:19|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<補修完了! | ホーム | 明朝4時(目標)。>>

コメント

良いですね~♪

どうもです。
イメージの良い釣りだったみたいですね。
夕方のライズ撃ちの記事も、非常に気になります。

自分は、安・近・短な管釣り巡りをしていました。
最近の連休には無いお気楽極楽も味わえました!
  1. 2007/05/05(土) 10:17:31 |
  2. URL |
  3. タカジン。 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

連休こそ

タカジンさん槻の池に再来かと思っていたのですが、近所巡りだったのですね。
まだ、いい感じで反応ありますよ!槻の池。

私の連休も、結局馴染みの安近短でした。
遠征等、検討したものの、快適に釣り出来る場所を選ぶと、
結局ココ近辺なんですよね。

ライズ狙いは、ポンドのニジマスで、相当暗くなりかけた頃、
マーベルの0.8gでいい釣りができました。

連休早朝釣行の影響で、暫く早起きです。(笑)
  1. 2007/05/07(月) 06:02:04 |
  2. URL |
  3. Stan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

そう言えば・・・

Stanさんが、槻の池で連荘していたMIUの色を、
自分も行った先で試してみましたが、反応良過ぎでした。
まだ、残っている店を見付けては・・・買い足しています。

また、遠征する際には連絡いたします!!
  1. 2007/05/07(月) 21:38:52 |
  2. URL |
  3. タカジン。 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

あの色ですね!

ついつい、使っちゃうんですよね~。
しかし、MIUの期間限定色って罪作りデスヨネ(笑)

私のほうは、、、、。
先日タカジン。さんがいい反応を引き出していた、
B-1 1.8gを使い倒しています。
物凄く、私には使い易い匙です。

近々、フォレストHPにUPしてもらいますね。
  1. 2007/05/08(火) 22:38:51 |
  2. URL |
  3. Stan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

あの色かな?

高反応色・・・○り○、ですかね?私はこれで高反応を得ています。

だとしたら、反応が異なるのは、色ではなく塗装の質感ではないかな?と、感じています。
ピンクグローでも同等の感触を得ていますよ!
  1. 2007/05/09(水) 09:35:16 |
  2. URL |
  3. くらげ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

惜しい!

くらげさん、思わず?
釣れ筋カラーの公開ありがとうございました(笑)
その年度の 7コガネムシでした~。
槻の池の当たりカラー緑と茶を両方供えているあたり、惹かれますね。
きっと人間も良く釣れる色だと思いますよ。

しかし、
これを大会に使えるかというと、、、。
両方の色を備えている分、限られた時間での
色の切り分け(判断)には使い難く、、、。
といった感じです。
普段ののんびり釣行には大変重宝している色です!
  1. 2007/05/09(水) 12:18:25 |
  2. URL |
  3. Stan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

そうでしたか~!

では、単純にカラーの効果ですね!
ハーブの里フォレストワンメイク大会優勝者も、このルアーで終始反応があったとコメントしていましたね。

私は、Stanさんの考えと同じく、当日選択しなかったカラーです。

まりもとグローピンクは、性格が異なるカラーなのに同一条件にて高反応を得ていまはした。(コガネムシ以上に)・・・現在当てはまるかは不明です。
そこで着目したのは、塗装の質感で、風牙のツブツブ塗装を試してみました。
結果は、ここまでの流れで推測できるでしょう!
・・・ただし、質感の効果かは判断できていません。

おまけにもうひとつ、同一デザイン同一カラーでラメの有り無しで差があったと感じています。
(現在も同じ状況かは不明なので公開です。)

微妙な”差”で大きく反応が異なることがある、管釣りは、本当に不思議です。
  1. 2007/05/09(水) 20:25:02 |
  2. URL |
  3. くらげ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

実は、、、。

ハーブの「大会」、私もコガネムシ、使っていたんですよ(笑)
云っていることとやっていることがちぐはぐ??かな。
それにしても、くらげさんは良く憶えていますね~。

表面処理によって反応が違う。
実は、刷毛塗りで少ない塗料を叩くようにして重ね塗ると、まさにこういう効果が出るんですよね。

私の場合、
ラメ塗りは、夕方に働くルアーとして、ピリカとの組み合わせでよく遊んでいます。
鱒釣堀は、スレて居る魚が居る分、本能的な魚の嗜好がはっきりと見極められるんですよね。
  1. 2007/05/10(木) 23:09:01 |
  2. URL |
  3. Stan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://stan0trout.blog.fc2.com/tb.php/274-8466703b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。