鱒釣堀競技者? 畔人? Stanの備忘録。

春,夏,秋は畔。 冬は鱒釣堀大会。 鱒族を追って月日が流れる 、私の独り言&備忘録。

3回目の挑戦。

今回は、あえて前振りをしませんでした。
何故なら、

1回目:荒天。
2回目:大増水。

いずれも断念。。

で、
今日は天候の心配はありません。
雨も昨日の昼頃から、降っていません。

これは、イケるでしょう!

まずまず、の状況を期待して山を駆け上がります。

が、

おや、、、。

午前4時にして、先行者アリでした。

そんなにキャパシティがある川ではないので、コレは厳しい、、、。

第一ステージは、まずまず予想通りの展開、竿抜けでポツポツ拾えました。

ただ、いまひとつ体のキレがなく足取りが重かったのですが、それに輪をかけて、
途中小型テレビくらいの石の崩落に遭い、ウエーダーがザックリ切れてしまいました。
あと少しズレて居ると、少々大変なことでした。

それにもメゲず、

第二ステージはリエゾン区間を過ぎ、さあ、いつもの大場所!と思っていると、

人影が、、、。先行者かと思いながら挨拶すると、話しの内容から、
私が第一ステージを釣っているうちに山道で先回りしたようです。しかも2名。

ということは、この先にも、本来の先行者が居るわけだ。。

件の遡行限界を超える予定だったのですが、今回は断念することにしました。

何かスッキリと釣りができない今日この頃。

です。
スポンサーサイト
  1. 2007/06/02(土) 15:40:14|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<日曜日は、サンクチュアリに行きました。 | ホーム | クルマのはなしでも、、、。>>

コメント

危ないですね。

大事に至らなくて、本当に良かったですね\(~o~)/

  1. 2007/06/04(月) 19:41:11 |
  2. URL |
  3. チョコ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

納得づくなのですが。。

今回は、ラッキーなアンラッキーでした(笑)
ウエーダーが濡れていたのも幸いでした。

ほんの偶然ですね。
ラッキーも、アンラッキーも。
  1. 2007/06/04(月) 22:57:31 |
  2. URL |
  3. Stan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://stan0trout.blog.fc2.com/tb.php/284-20c93f2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)