鱒釣堀競技者? 畔人? Stanの備忘録。

春,夏,秋は畔。 冬は鱒釣堀大会。 鱒族を追って月日が流れる 、私の独り言&備忘録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

週末は、バンバン釣り大会@ハーブの里

今週末は、バンバン釣り大会@ハーブの里です。
今シーズン、結果は余り拘っていないものの、
(私の自己満足)内容が貧弱な大会が続いています。
我ながら、一寸寂しいものです。

そろそろいい流れを掴みたいものですが、、、。

その点、バンバン大会であれば、各種ルアーOKですから、
何かトラビギにつなげるモノがないか探りたいと思います。

アトミックは流石に躊躇しますが、
スタート使用限定、Dohnaも使っちゃおうかなぁ。

「分かっちゃいるけど、〜を使っていれば、、、」
なんて云いたくないですからね。

そうそう、

フラットフィッシュも、全てウエイトチューンし直さなくては。。
先日のサンク大会後では、全く想定外のレンジを泳いでいたので。
色も塗りなおすかな。。

最近、”戦略”載せないの?とか(反面教師でしょうが(笑))
云われるのですが、そろそろ(釣り場、季節が)一巡した気もするし、
最新情報を加味するほど色々な釣り場には行っていないんですよねぇ。。。
必要な方は、過去の戯言を読んでみてくださいね。

さて、何から取り掛かるかな??
スポンサーサイト
  1. 2007/11/08(木) 12:36:07|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<山に積雪 | ホーム | 今週末は、サンクトーナメント>>

コメント

ねむ。。。

今日の大会は、まぁ。。。
ミノーイングとフラットフィッシュの組み合わせ。
まずまずの内容と結果でした。
前半、ヤマメのアタリに翻弄され、後半はミノーイング中心でヤマメ・ブラウンを釣っていきました。

ヤマメは塩焼きしたら美味しそうな大きさで、
大会でなければ間違いなくキープしていたことでしょう。。

大会後、ウエイトチューン含め、様々な釣法を楽しみました。
ななしメソッドも、いい感じでしたが、チョイとスレ掛かりが
多いかな、、、。と言う印象です。
さぁて、来週の準備をはじめますかね。。。
  1. 2007/11/11(日) 23:31:22 |
  2. URL |
  3. Stan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

ありがとうございました

昨日ご一緒させていただいたKです。
私はStanさんのファンですので同じ組でご一緒させていただいて嬉しかったです。
前回は絶品の巻きを見せていただきましたが、今回はStanさんのミノーイングの素晴らしさに感動しました。試合であれだけの釣果を上げられるとは本当に驚きです。
私の釣りは邪道なため、隣りでバシャバシャと水面叩きをしてしまいStanさんにご迷惑をお掛けしました。本当に申し訳ありませんでした。
引き続きよろしくお願いします。
またお会いできる事楽しみにしています。
  1. 2007/11/12(月) 19:40:33 |
  2. URL |
  3. K #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

これは、どうも!

Kさん、コメント有難うございます!
昨日は非常にいいモノ見せてもらいました。
普段、鱒釣堀競技という縛りがある大会に出ていると、
ついつい普段のつりでも「~でなくてはならない」などと、
自ら釣りの幅を狭め、愉しく遊ぶはずの釣りが、
妙に堅苦しく感じることがあります。

昨日の私の釣り方=優勝したYさんの釣り方でした。
コレって、Kさんは自ら邪道と称されていますが、
分析してみると、仕組みは同じなのですよね。

来るべき未来の釣堀大会になすべきこと。
少し見えました。
物凄く良い経験させてもらいました。
ありがとうございます。
  1. 2007/11/12(月) 22:48:53 |
  2. URL |
  3. Stan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます

そんな風に言っていただいて、本当にもったいないです。
Stanさんの優しさに感謝です。
この1年間、この大会だけに絞ってやってきました。
ボトムを中心に様々な技術の修練の中考えたことは、バストーナメントにおける「相羽虫」のように他の人がやっていないアイテムと使い方をエリアの世界で出来ないかということでした。
試行錯誤の中出来上がったものがあの釣法です。ルアーのチューン、魚へのスイッチの入れ方、サイトでの掛け方、それができるセッティング、自分なりに突き詰めてきたつもりです。勝負が早く爆発力がある点も自分の性に合っているように感じています。もちろんあの大会でのレギュレーションだからこそ可能な技ですが・・・。
ある方からは「あんなルアー使いやがって」とか「セコイ」とのお言葉もいただきました。
もちろんそうしたお言葉も重々理解できます。
ですから、尊敬するStanさんに暖かいお言葉をいただき本当に嬉しかったです。
重ね重ねですが本当にありがとうございました。
  1. 2007/11/13(火) 18:54:33 |
  2. URL |
  3. K #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

レギュ次第でアリでしょう!

なかなか、あの技は一朝一夕には出来ませんよ。
セッティング、煽り方、喰わせ方。などなど、、、。
様々な要素を個々に突き詰めてゆかないと駄目ですよね。

一年を、あの大会にターゲットを絞り、工夫して、
そして出来あがった唯一無二のモノとテク。
賞賛すべきことだと思います。

ただ、、、。
周囲の魚のスイッチを一方向に入れてしまい、
隣に入ると確かに影響を受けてしまうので、
あまり隣にはご一緒したくないですが、、、(笑)
今回でしっかりキャプチャーさせてもらいましたヨ。
「あ、こういうのもホントは魚には無問題なんだ」っていう
発見もありました。
それにしても、、、。少し昔なら色を合わせれば喰っていったものが、
最近は、それ以外にも工夫が必要なのですよね。。。
これ以上はKさんのシークレットに触れるかもしれないので、やめておきます(笑)

また、どこかの大会で宜しくお願いします!
  1. 2007/11/15(木) 10:33:58 |
  2. URL |
  3. Stan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://stan0trout.blog.fc2.com/tb.php/324-053d27e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。