鱒釣堀競技者? 畔人? Stanの備忘録。

春,夏,秋は畔。 冬は鱒釣堀大会。 鱒族を追って月日が流れる 、私の独り言&備忘録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ECO だそうです。


本日入手しました。
フォレストの新スプーン ECO 。
チョット前からこういう形状、板厚のスプーン、欲しいなぁ。。
と思っていたところです。

もしかして、このカタチ。
放流に効きそうだと思いません??

お風呂テストの結果、イレギュラーだらけの動きですが、
レンジを中速以上でキープするような釣りが出来そうですね。
Dohnaに対抗できる? 気がします。

少し、使い倒してみたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2008/03/16(日) 22:43:55|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<週末旅行&大会参加。 | ホーム | ま、、、。なんとか。 あと、考えること、色々。>>

コメント

カラーが・・・

どうもです。
カラーラインナップが金銀系に寄り過ぎて、
中間色が無いのが、微妙な感じですね。
ただ、放流には効きそうな感じですよね~
自分も使ってみようと思います。

トラエキお疲れ様です。
残り1戦ですね。頑張ってくださいね~

  1. 2008/03/16(日) 23:02:52 |
  2. URL |
  3. タカジン。 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

おそらく、、、。

カラーリングについて、私もそう思いますが、、、。

このスプーン、
自然湖(一寸ダウンサイズが必要なとき)
槻の池のような大きな鱒釣堀(準野生化個体)
放流直後(摂食本能むき出し)

向きなのかも。
チャートやオレンジ金とか、欲しくなりそうですね。
(自分で塗ってみるつもりです。)

少し前は、”綺麗な動き”にのみ魅力を感じていましたが、
こういうギラギラしたモノって、
困った時に役立ちそうですね。
  1. 2008/03/17(月) 11:09:22 |
  2. URL |
  3. Stan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

本日初使用

どうもです。
今日、赤城FFにて使ってみました。
Stanさんが言われるように、オレ金~蛍光系の
アピールの強いカラーが欲しい気がしました。
針もクラップの6番では少し小さいかな?って感じでした。
自分も自塗りで作ろうかな~
  1. 2008/03/22(土) 22:06:35 |
  2. URL |
  3. タカジン。 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

微妙。。。

本日使ってみました。
放流効果はない時間帯だったので、
何とも言い難いのですが、、、。

レンジは、キープしやすいですね。
これは、確認済み。

でも、動きは、、、。
放流魚が喰う動き。なのか、どうか、、、。
どうなんでしょう???
チョット、心配になってきました。

タカジン。さん、放流で使ってみてください。。
来週のトラエキ@蔵王でいきなり使う
勇気はなくなってしまいました。。。
  1. 2008/03/23(日) 19:23:55 |
  2. URL |
  3. Stan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

ソコソコ

前日放流のサクラ鱒に使用しましたが、
良い感じに当たりましたよ~

当たりが突進系のバイトが多かった為か?
針がスナップに絡んでしまうことが多く発生しました。

クラップの6番が手持ちで大きい方だったので、
対応出来ませんでしたが、他社の4番にしていれば、
もう少し取れたのかな~と思ったりもします。

自分的には満足な飛距離も出たので、放流時のみなら
MIU3.5gより使いどころは有りそうな気がします
  1. 2008/03/23(日) 23:04:26 |
  2. URL |
  3. タカジン。 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

確かに、フック。

放流サクラに効きましたか!
突進系のバイトのときは、意図的にリーリングを速めたりしますが、
その意図が反映できるのか???
あの動きでは、どうなのかな~。。
と、一寸心配なのですが、実績アリなら、
今一度チェックしてみることにします。

確かに、ボディのボリュームに対して、
フックが一寸小さい気がしますね。

情報、有難うございました!
  1. 2008/03/24(月) 14:57:48 |
  2. URL |
  3. Stan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

使い方が、UPされましたね。

フォレストのHPにUPされていました。
ほぼ、予想できた使い方ですね。

比重が軽く、腐食しやすい素材って、何だろう??

鱒釣堀競技/効率よい釣りだけに着目した製品ばかりではないのは当然か、、、。

気長に試してみることにしよう。
  1. 2008/04/21(月) 21:39:21 |
  2. URL |
  3. Stan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://stan0trout.blog.fc2.com/tb.php/358-0c5a80ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。