鱒釣堀競技者? 畔人? Stanの備忘録。

春,夏,秋は畔。 冬は鱒釣堀大会。 鱒族を追って月日が流れる 、私の独り言&備忘録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ナカナカ難しい。


本日は、ダブルヘッダー釣行してきました。

朝まづめ :天竜川本流
天竜本流は白濁、、、でもないなぁ。茶色でもない濁り。
代掻とも違う。何だろう?ともかく、一寸釣り辛い状況。
本流のアマゴ狙いだったのですが、反応が見られません。
仕方なく、私の天竜必釣(笑)メソッドを繰り出します。
(単なるダウンからの岸際巻き上げなんですけどね。。。)
で、何とか一匹が反応してくれました。。。
でも、、、朱点はなく、アマゴではない?? 銀化ヤマメ?
どれにせよ、優しい顔つきのニジマスっぽい個体でした。

約1時間かけて槻の池へ移動。

午前9時〜午後3時:槻の池
先日来、わたくし的に、非常に好調な槻の池。
数でも、カタでもなく、イメージどおりの反応を引き出せます。
ボトム中心ですが、誰も届かない沖の底。ここにスプーン(カメ3g)を届け、
アタリを引き出し、検知し、掛ける!! 総て自己満足です。
過去、この池で”いける”と確認したメソッドが、他の池で通用しない。
なんてことザラですから(苦笑)
で、今回試したかったのが、カメスプーンの軽量版使用。(2g)
ココとは違う環境(浅く、高プレッシャー、竿抜けなし)の釣堀で、
軽量を活かして使えないものかと、、、。
結果、大差ないかな。。=あえて2gを使う意味がないかも、、、。
ま、ちょっと試してみることにします。

でも、、、。このカメ。先日も書きましたが、製造中止なのです。
こういう使い方が出来る貴重な存在だと思うのですがね。。。
スポンサーサイト
  1. 2008/05/24(土) 20:27:19|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<最近の お客様 その2 | ホーム | ガツンと行ってきました!>>

コメント

沖目底

”沖目底”好調とのstanさんの情報により、ボトムをトレースするも反応はイマイチ。・・・ボトムトレースはソコソコ自信があるのですが。。。

そこへstanさん登場!毎投反応がありコンスタントにキャッチされているので、思わす観察さていただきました。

真似してみるも、アクションを加えた時のルアーの動きがどうにも掴むことができませんでしたが、カメをお借りし、基本的なところを理解することができました。

翌日、PE+エリピクでPEの有効性と、ルアーの沈み方での有効性を感じることができました。

BUXは、ちょっと難しい気がします。
  1. 2008/05/25(日) 21:07:47 |
  2. URL |
  3. くらげ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

色々試してみます。

くらげさん、先日はお疲れ様でした。
カメ形状のスプーンの有効性が際立った反応でしたね。
この傾向が、これからも続くのか???
要注目事項の一つです。

さて、この釣り方。(今回は謙虚に、あえて釣法なんて呼びません(笑))
他の池でも使えるのか??という気持ちが出てきます。
昨日はハーブのワンメイク大会でした。
(動かさない釣法が有効だった昨日の結果は、果てしなく最下位に近く、、、笑)
そのなかで、色々試したのですが、水深のある箇所釣堀では反応が
顕著でしたから、そういう場所であれば結構使えるのではないかと思っています。
  1. 2008/05/26(月) 11:00:57 |
  2. URL |
  3. Stan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://stan0trout.blog.fc2.com/tb.php/370-e8825215
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。