鱒釣堀競技者? 畔人? Stanの備忘録。

春,夏,秋は畔。 冬は鱒釣堀大会。 鱒族を追って月日が流れる 、私の独り言&備忘録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

北京オリンピックをテレビで観戦しながら。

今大会は、

時差が少ないアジア圏での開催。
お盆休みと重なった。
テレビを買い換えた。
鱒釣堀競技OFFで、。。。

諸々の事情により、観戦する機会が多くなりました。

なかでも、ソフトの激戦の末獲った金メダルと、陸上男子リレーの銅メダル。
緊張感と、真剣さ、熱意が伝わる映像は見応え充分で、感動させてもらいました。

それに対し、野球や、柔道。伝統や格式、(日本では)人気競技であることから、
事前の報道ではメダルへの期待を語る、期待されることが多かったのですが、、、。
”個人的には、”連覇だろうが申し訳ないけど興味がもてず、全く観ませんでした。

また、別の反骨視点では、、。
それぞれの競技に打ち込む一流選手の姿は美しいものです。にもかかわらず、
”映像的に映える”選手をチアーアップし、実力とは関係ない部分で語る、
ワイドショー化したスポーツ報道姿勢は、如何なものかと思います。
でも、、、。
ついさっき見た、、、女子走り高跳び優勝者のウイニングランを一生懸命追っていた
カメラマンが、設備につまづいてコケたのですが、これをわざわざリプレーしてくれた
報道姿勢。。。 笑わせていただきました。

観て愉しい競技、観て感動する競技。
内なる秘めた闘志をぶつけ合わせるのも、競技の醍醐味なのですが、、、。

鱒釣堀競技って、どうなんだろう。。。
スポンサーサイト
  1. 2008/08/23(土) 23:02:20|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<エントリー完了!? | ホーム | ボディブローのように。。。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://stan0trout.blog.fc2.com/tb.php/389-314a8d35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。