鱒釣堀競技者? 畔人? Stanの備忘録。

春,夏,秋は畔。 冬は鱒釣堀大会。 鱒族を追って月日が流れる 、私の独り言&備忘録。

さてと、3連休だが。。。

3連休中日の14日は、.com@平谷湖です。
でもね〜、、、。キモチが乗らなさすぎです。。。
折角の3連休なのに、中日に大会かよ、、、てなぐあい。
じゃ、エントリーしなければ?と言われてしまいそうですね(笑)

平谷湖Blogを見ていると、派手に***キロ放流!!とか書いてあるけど、
そんなに放流しなくては釣れないの??
また、そんなに放流して、「釣れ」させてくれるの??と、
な〜んか、興ざめなキモチです。
放流獲りばかりで終わらないことを期待します。

でも、、、大会を楽しみにしている方、ゴメンナサイ。。。
病んでますねぇ〜。我ながら(笑)

少し前なら、「放流」に、散歩へ出かける前のククの如く鋭く反応したのですが、
どうも、感性の糸が、ほつれて切れかけていますね。
これを修復するのか、ぶった切ってしまうのか? 微妙ですね〜。
スポンサーサイト
  1. 2008/09/12(金) 22:53:33|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<トラキン事前エントリー始まる! | ホーム | すごいゾ!>>

コメント

「釣れ」させてもらいました。

今回のネガティブな記事と対照的に、大会では放流獲りに興じ、
その後は、巻きでポツポツ拾ってゆく展開でした。

大会開始直後の高活性により、久しぶりにハイペースな釣りは、、、。
愉しかったけど、やはり自嘲する気持ちもちらほら。

昨年の実績場所ばかりではなく、意外な場所に
魚が集まっていたのが印象的でした。

喰う魚を探してイージーに獲るか、あまたの喰わない魚を如何に喰わせるか。
私はラクチンな前者でしたが(笑)

結果は、後半怒涛の追い上げを果たしたトモさんと同率シングルという結果。

結果には興味が無かったけれど、意外にまだまだ太刀打ち出来そうな印象を抱きました。

総括すると、魚の探し方とタナを攻めきれていない(攻めない)人が多かったですね。
  1. 2008/09/17(水) 22:26:29 |
  2. URL |
  3. Stan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

お疲れ様でした!

Stanさん、お疲れ様でした~
ボクは予選の第二ピリオドが一番楽しく、
そしてStanさんとの差を見せ付けられたピリオドでした。
決勝の結果は同い年3人が同率シングルで
嬉しいより面白かったです(笑)

いまアゼツを書いているところです。
明日には・・・^^;;;
  1. 2008/09/17(水) 23:12:24 |
  2. URL |
  3. トモ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

お疲れ様でした~!!

トモさん遠路はるばる、お疲れさまでした!
上記の私のコメント、半眠状態で書いたので、
結果、結果と、言葉が重なっているし、
ちょっとヤな意味にとれそうですが、
順位に拘っていなかったと云いたかったと理解してくださいね(笑)
トモさんと隣り合わせた第2ローテ目は文句なく愉しかったです。
そして、決勝2ローテ目のトモさんの獲り方は、
も少し近くで見たかったなぁ。。。

アゼツ。楽しみにしています!!
  1. 2008/09/18(木) 21:49:49 |
  2. URL |
  3. Stan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://stan0trout.blog.fc2.com/tb.php/394-72e348f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)