鱒釣堀競技者? 畔人? Stanの備忘録。

春,夏,秋は畔。 冬は鱒釣堀大会。 鱒族を追って月日が流れる 、私の独り言&備忘録。

鱒釣堀シーズン到来。

さて、お待ちかね。
鱒釣堀競技のシーズンは終わろうとしていますが、
これからのんびり魚を捜して釣るにはいい季節が到来です。
そのためには、池が広く、深くなくてはなりません。

明日は、数ヶ月ぶりに行きます。
槻の池。
まだ一寸水温が低すぎる気もしますし、
魚も本調子ではないでしょう。
ようやくMIU2.8gを使い倒す機会が訪れました。
本格的に使う機会がなかったのですが、
お風呂テストでは、すこしゆっくり、
PALと同じイメージで引けばいいような気がしています。
もっとも、明日は魚が底に定位していると思うので、
別の釣りになってしまうかもしれませんが、、、。
某ゲストとお会いできるのも楽しみにしています。

その翌日。
ハーブの里の大会。
The39thハーブの里FAワンメークトーナメントです。
今回はロデオクラフト縛り。
実は私、一度も使ったことないんですよね。
でも、なぜか結構持っていたりします(笑)
同じサイズでも、板厚でバリエーションを持たせている
ロデオの製品は、迷いが生じ、慣れが必要な気がします。
でも、ハマれば微妙な調整を同じシルエットで出来る利点も、、、。
どういう結果になるでしょうかね!
一寸期待!!

と、いう、いつもの鱒釣堀に明け暮れる週末です。

勿論、そろそろ川の準備も始めていますよ〜!
スポンサーサイト
  1. 2009/03/27(金) 20:45:06|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<逆効果?? | ホーム | 今、最も乗りたいクルマ_後編>>

コメント

素直な反応

槻の池・・・『反応の良い魚を探して釣る!』を実践できたのではないでしょうか!?

表層付近にはヤル気満々の魚が結構居て、MIU3.5gでのロングレンジゲームが気持ち良かったです!!

MIU2.8gも有効性を充分に発揮してくれました。
Stanさんはボトム付近を検索していたようですが、如何でしたか?

  1. 2009/03/30(月) 18:15:52 |
  2. URL |
  3. くらげ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

午前は、まずまず。午後は、、、。

くらげさん、今シーズンも宜しくお願いします!
この日は魚が広く散らばっていましたね。
意外に反応が良かったのは、フォーリングでした。
ボトムは執拗に攻めるよりも、位置確認程度でしたね。
思い出したように表層を引いてみると、結構連発。

くらげさんが帰られた後、のんびり昼食。
「午後からは温まって、活性高まるかもね~」
なんて言っていたら、、、。

全く正常な反応が無くなってしまいました。
時折、手前駆け上がりや、沖底で、
喰いそびれの痩せ鱒が反応するのみ。
そういう状態が数時間続き、思い切ってアウトレット側
浅場に。底を跳ねさせると数匹連続反応。

それまででした。
その原因は、不明。でも、だからこそ、面白い!
今シーズンも、楽しみですね!
  1. 2009/03/30(月) 22:04:50 |
  2. URL |
  3. Stan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://stan0trout.blog.fc2.com/tb.php/442-2e9b67f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)