鱒釣堀競技者? 畔人? Stanの備忘録。

春,夏,秋は畔。 冬は鱒釣堀大会。 鱒族を追って月日が流れる 、私の独り言&備忘録。

トラキントライアル 第一戦  平谷湖

今回も、、、負け、、、。
でした(笑)

B組(後半)の、エキスパートポンド山側スタート。
放流があったものの、回ってきたような、こなかったような、、、。
なにやらわけが分からない状態でした。。。
で、先日のレイクフォレストのスタート同様、2回の強いアタリが
でたのみで、池は沈黙。。。この時点で既に2匹差をつけられ、、、。
あとはどうしようもない状態が続き、時間切れ。。。
あの貴重な2回のアタリを獲れたとしても、駄目だったでしょう。。
魚は見えないし、頼みの竿ヌケ狙いの遠投は、ラインクロスさせられたり、
絡められたり、、、ラインメンディングを旨とする私の釣りはできず、
集中した釣りには程遠い状態でした。。。(殆ど言い訳です(笑))

負け組2回戦は1/4対決。またもエキスパートポンド。。。
とりあえず川側だったから少しはいい釣りができたし、後半追い上げ、
サドンデス。でも勝負がつかず、
初の、「結んでポン」(要は、ルアーの早結び+有効なキャスト)
今回なにか感ずるところあり、事前に練習していました(笑)
で、何とか準決勝(負け組)へ進まさせて頂きました。。。
ありがとうございました。

その準決勝、、、。なんと、また同じ、エキスパートポンド山側。
同じ場所。。。予選同様、池のアール部で狭苦しく感じていると、
トラエキ残留某氏が審判に掛け合ってくれ、少しだけ広くなりました。
皆さんも、注意しましょう。トラキンは幾ら釣り場が広くても、
狭い釣り座に参加者を詰め込む傾向がありますので、、、。
開始前であれば、主催者に直談判するのも方法です。
無理難題でなければ、案外参加者の意見を酌みいれてくれるはずですヨ。。。
擬餌針という鋭利な針を振り回す以上、危険を未然に防ぐのは当然ですし、
勝っても、負けても、己の技を出し切る闘いにしたいですからね。

あ、その準決勝の結果は、1-2で、負け。。。
予選同様、全く魚の動きを掴めず、何とか喰わせた魚を手元バラシする
大失態も大きく響きました。。。

勝たれた方は、なんとはるばる「青森」から参加されていた方!
決勝はその方の審判をしながら応援していましたが、わずか及ばす。。。

やはり、トラキン。ルールや運営(ボランティアの方除く)は、グダグダ。
先週のムカイCUP@レイクフォレストと比べてしまうと哀しくなるくらい
一向に改善されることもないようですが、年々参加者の内容は濃くなり、
しかも皆、真剣です。狭い鱒釣堀競技の世界ながら、
私にとって、やはりトラキンは日本一の鱒釣堀競技大会です。
これからも、トラキン(ルールに納得できない一部地方予選は除く)は、
追いかけたいと思います。

次は、、、来週のヤリエCUP@サンクチュアリ。
さぁ、糸の巻き換えだ〜。
スポンサーサイト
  1. 2009/11/15(日) 18:39:58|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<お詫び。 | ホーム | ムカイCUP@レイクフォレスト>>

コメント

Stanさん、はじめまして。

負け準決前にお話しさせて頂きましたゼット兄と申します。

山側エキスパートエリア...最初から渋かったのですね。負け準決は’魚いね~!!’って思って釣りしてました。それにトラエキ残留某氏が対戦の方を後ろで見守っていたせいか、目の前ドボンキャストを連発...でした。

ところで、私はトラキントライアル参戦2年目なのですが、トライアルのクロスキャストを全く無視したRの掛かった幅の釣り座は参ります。特に去年の加賀戦は参りましたヨ。スタッフの方も安全面の確保と競技性を考えてワンド状の所は広めに幅をとる事を常に念頭に置いてもらいたいものです。

では、またお会いした際には宜しくお願い致しますm(__)m
  1. 2009/11/16(月) 21:40:40 |
  2. URL |
  3. ゼット兄 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

水を向けていただいた以上、、、。

ゼット兄さん、ようこそです。
本当にコメント戴き、嬉しいです。
決勝中盤の連荘は、コレはいけるのでは
と思っていましたが、少し残念でしたね。。。

あの現場で、”$&*%~*!!”と、
悪態ついていた内容に比べ、相当マイルドでしょう??(笑)
私が本気で悪態つこうと決めているのは、勝ったとき。と、決めています。
でも、、、勝てないから、ドンドン悪態が備蓄されています(笑)

折角水を向けていただいた手前、今回は長々と悪態ついてみます。

あの場所は、本当に辛かったですね~。
A組の方も、比較的早くお祭り釣果が静まりましたし、、、。

あのアールのある場所で、
普通、各々が信じている真っ直ぐなキャストは、丸い池の中心となります。
でも、昨日の場合は、アウトレット~汚いトイレ前を釣り座と設定しなかったのですから、
主催者の所期の目的は、桟橋と並行して投げ、クロスをなくす。だったと思います。

ただ、それを誰も理解し、実践させる仕掛けがありません。
だから昨日は、選手にその非を問うのは自重していました。

「オレ、ラインなんか見ないんだよ~」って誰かと話しつつ、
一人はさんで向こうの私のラインをしっかり絡めて全く気づかなかった選手には、
一寸は見てくれよォ~!と。。。キレそうになりましたが(笑)

主催者にはせめて、アウトレット~汚いトイレ前に桟橋と並行にロープを張るとか、
「キャストは桟橋と並行に」とか、参加者に周知すべきだったでしょう。

しかも、アールがあるにもかかわらす、各釣り座の間隔は狭いうえに一定。
円弧の最深部に居る人は間違いなく左右からのクロスキャストを被ることになります。
これって、トラキンが始まった時点から存在しており、釣り座を選べた時代、
私は魚が居る、居ないよりも、このような釣り座は真っ先に候補から外しました。
それから9回大会になっても、、、。いまだ同じ轍を踏むんですよねぇ。。。

先週のムカイCUPは、その点もキチンと対処されていました。。。(遠い目)

まあ、釣りビ側からすれば、どんな釣り座であろうとも誰かは勝ちあがるし、
決勝に選ばれし人達の「釣れ釣れ画像」を収録せねばならない都合上、
意図的な釣り座の休止も必要だとは重々理解しては居ますが、、、。
予選から、無意味に空けた直線部分があったことは非常に残念です。

だから、釣り座の確認は早めに行い、「ココが狭い」という不満ではなく、、
「あそこを使って、ここをもう少し広く」とか、大会開始前の早い段階で、
建設的な代替案も選手目線で指摘し、改善を請うことも重要だと思います、。
主催者の方々も、気づいていないことが多いので、納得してもらえば、
必ず善処してくれると思います。(信じてます)

ここまで長々書くと、やっぱり、
勝てなかった、負け犬の遠吠えですね。。。(笑)

ゼット兄さん、また、次、どこかで宜しくお願いします~!
今回は季節柄、マスクされていた印象が強く、記憶力が乏しい私は、
多分正直次回お会いしたとき、分からないと思います。
お声かけてくださいね~! 予めお詫びします。。。
  1. 2009/11/16(月) 23:56:02 |
  2. URL |
  3. Stan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://stan0trout.blog.fc2.com/tb.php/499-8dd5c837
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)