鱒釣堀競技者? 畔人? Stanの備忘録。

春,夏,秋は畔。 冬は鱒釣堀大会。 鱒族を追って月日が流れる 、私の独り言&備忘録。

そろそろ、鱒釣堀競技シーズン。。。

土曜日:某、広〜い池に行こう。。。かなと。。。

久しぶりにフロントレイクをブン投げてきたいと思います。

たぶん、人的プレッシャーも大きいでしょうから、、、

釣れないでしょうけどね。(笑)


日曜日:トラ金地方予選@レイクフォレスト

オオツカ、アンシス、ロブ

アンシスのスプーンには馴染んでいます。
やはり、BUXの1.5を中心に組み立てて、臨みたいと思います。

でも、いくつかのオオツカオリカラプラグも仕入れ、

ロブのスプーンとか、つぶあんロブカラーとか、、、。

「何を使うか」 という様相。。。

いつもは専ら、「どう、使うか」を、愉しみながら、

競技を愉しんでいるんですけどね。。。

一寸、新鮮です。




スポンサーサイト
  1. 2011/11/09(水) 21:42:32|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<やはり、加賀は、加賀でした。。。(笑) | ホーム | ふ〜。。。エントリー、完了!!>>

コメント

2位獲得!!

土曜日の、大物釣り大会ですけどね(笑)
訪問したのは、丸沼。

実は、この、丸沼。
鱒釣堀を始めたころ訪れ、見事ボウズを経験した、にが~い思い出が。。。

そのリベンジと、今回はじっくり攻めるためあえて岡っぱり。
減水のため、普段は行けないところまで岸伝いに行けてしまいます。

某、呪いの4位(笑)達とともに、最初は牛舎跡近辺のシャローヘ。
4位氏は、得意のミノーイングでいきなり40UPのイワナ。
ウエーダーすら持ってこなかった私にはチョットきつい場所で、
対岸の、いくつかの岬の先端に移動。回遊を待つことにします。。。

待つこと30分くらい。少し風が吹き、湖面が波立ったところで
雰囲気が変わり、アタリが出はじめました。
その数分後、底をとって巻き上げ、中層より上、岸から
10メートルくらいのところで、ガツんとヒット!!
過剰にヘビーなタックルにものをいわせ、一気に寄せ、岸へ。
コレは、それなり。。。とわかる一匹。キープせねば!!と、
活かせて検量に持ってゆくためのビニール袋へ入れるのに失敗し、
いったん魚は水中へ。。。とっさに岸際の水中に足を突っ込み、
魚を止め、袋に収納。なんとか検量に。。。
50センチのオショロコマ。
(オショロコマのイメージと違ったが、そうらしい。。。)

その後、同じ場所で数匹獲れましたが、もう充分でまあいいや。。。と、
リリースしたニジマス。。。
もしかしたら、もう少しあったかもしれませんが、愉しめたから、いいや。
そして、表彰式へ。。。 結果、2位でした!!
シンプルな表彰式と、結構嬉しい実用的な賞品。
満たされました!!

こういう大会も、たまには、面白い!!

長くなりましたが、、、、。

翌日の本命、トラ金地方予選。

折角購入したミノーは全く反応せず、
ギルも使いこなせず、1回戦、サドンデス負け。。。

その後、BUXを駆使して、なんとか負け組~決勝復活への手前まで
持ち直しましたが、ここで運もつき、終了。。

でも、それなりにアタリを出せた実感もありますし、
獲り込みに体が反応出来きれていない現状を再認識するに当たり、
シーズン初めとしては、いい内容だったと思います。。。


と、これくらいにしておきます。。。。

  1. 2011/11/14(月) 22:56:05 |
  2. URL |
  3. Stan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://stan0trout.blog.fc2.com/tb.php/595-1cd592ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)