鱒釣堀競技者? 畔人? Stanの備忘録。

春,夏,秋は畔。 冬は鱒釣堀大会。 鱒族を追って月日が流れる 、私の独り言&備忘録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

関東遠征1日目。

本日は, ロデオクラフト・カハラジャパン・ヴァルケインカップ
出場のため,ジョイバレーに遠征しました。
いきなりA組での3号池にには籤運を悔やみましたが,

予選:3号池 後半追い上げ,1位通過。
2回戦:1号池 後半追い上げ,2位通過。
3回戦:1号池 まったくいいところなく,敗退。。。でした。

3回戦は,ホントにサカナ(居場所)が見えなかった。。。
放流があったのですが,私たちの場所には反映されず,
結果的に,少し浮いた魚を獲れたものの,微妙なアタリに
翻弄され,なすすべがありませんでした。。。

4位にはなれず。。。悔しい(笑)

想定した物量は,然程必要とはしませんでした。
でも,”何を使ったか”が,少しタフになった場合,
明らかに効くモノがありましたね。。。
そういうモノ勝負,私は興味ありませんけどね。

さて,今回の大会は練られたルールでした。
(2月12日改訂をいれました。)

@4人で2人抜けルール。
これは,場所の差を増幅しかねず,
今期のトラエキルールにも採用する理由がわかりません。。。
仮に,4人のうち,2人が同輩の場合,1人がもう1人を
アシストしたりできてしまうことも。。。

追記 はじまり
以下,トラエキを想定したやりとりです。

「今の大会で,そういうことする人,居ないでしょう?」とのこと,
10年位前には,そういうグループ,いましたけどね。。。
「大会が始まれば,仲間も,ライバルだ。」と,言い切ってました。
ちょっと,安心しました。
そういう姿勢は,望むところです。

でも,
何故,4人で2人抜けが必要なのか。。。

「仲間と当たったら,つらいでしょ」。。。とのこと。
「場所の差は出るかもしれないけれど,本当に上手ければ,
出遅れても,(ローテイション後,巻き返し)2位で勝ち上がるはず。」
「本当に実力ある人が,勝ち上がるべきだ。」とも。

仲間も,大会が始まればライバルだ。との前述と,ちょっと矛盾。。。
結局,同士討ちを避けたいのかぁ。。。と,理解しました。

今日(加賀)のような,サドンデスでも決着のつかない勝負を,
単にじゃんけんという,釣りには関係のない手法でで終わらせることなく,
できる限り(場所を変えてでも)釣らせることによって
決着させてやりたいとの考えと行動は,
折角勝ち上がってきた選手の気持ちを正しく理解しており,納得します。
これらをはじめ,共感するところも多いのも事実です。

追記 終わり


考えすぎですね。。。第一,トラエキに行けない私が考えても仕方が,ない(笑)

@サバイバルマッチルール。
準決勝で適用。
ある一定時間経過時点での最低釣果者が敗退。
(審判に肩を叩かれたら,終了。演出的趣向もあり。)
見ているほうとしては,面白いものでした。
自転車にも,エリミネーションってトラック競技があります。
競うものとしては,ヒヤヒヤですね。。。
馴れ合いでザワザワするのはちょっと,,,。ですが,
鱒釣堀の遊びとしては,たいしたものです。。。

でも,なんだかんだ言っても,
こういう大会を企画,運営してくださる方々には感謝です。
ありがとうございました。。。


さて,今日はこうして終了し,ホテルに投宿したのですが,

明日は,大遠投&ジャンケン大会@加賀FA。(釣れるかは???)

頑張ってきたいと思います。。。
スポンサーサイト
  1. 2012/02/11(土) 20:03:32|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<関東遠征2日目。 | ホーム | 週末、千早川マス釣り場カップ。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://stan0trout.blog.fc2.com/tb.php/607-9a7b505f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。