鱒釣堀競技者? 畔人? Stanの備忘録。

春,夏,秋は畔。 冬は鱒釣堀大会。 鱒族を追って月日が流れる 、私の独り言&備忘録。

約、1年ぶり!

この土日の信州は、生憎の大雨。
川は茶濁りがはいり、とてもマトモな釣りにはなりません。。。
某隣県の釣り堀はリニューアルオープンでしたが、結局釣行は見送り。
この時期、、、どうも、ダメです。。。

ということで、家でウダウダ。。。

録画しておいた、大昔の映画を一気に鑑賞したり、

フロントページ、
ジャックレモンの早いが、明瞭なセリフは、
喧伝している、スピードラーニングも真っ青?な、
いい教材かも。
すごくテンポのいい、陽気な映画でした。

ビッグウエンズデー
サーフィンシーンで寝てしまうこと数回(笑)
(リラックスするけど、素人には、チョット退屈。)
ようやく最初から最後まで観ることができました。
今だから解る内容もあったり。。。

ふと、窓外を見ると、陽光が復活していました。

この一年。意志に反し、ますます肥大化している私。
近所の所要も兼ね、自転車を引っ張り出します。
昨年は、7月に乗ったんだよね。。と、記事を確認しながら。
ほこり、蜘蛛の巣だらけでした。タイヤも相当圧が低下しています。
空気入れは、ソレ自体が劣化して、まったく空気が入らないし。。。
こんな状態でも、走れただけ、ありがたいものですよね。

で、近所を少しだけ走り回ってきました。

昨年は、上半身が。。。と書いたようです。
(文字通り、備忘録として機能してます。)

今年は、その前に呼吸器循環器系が、ついてゆけません。
ますます、機能低下しています。そういう確認ができたことは、有意義でした。
いまや、自転車競技者(である、だった)なんて、とてもいえません。
年相応の、まったくの一般人ですね。
鱒釣堀は、競技者。。。であると、まだ信じてますけどね。(笑)

いやはや、ここまできましたか。という、変な感慨。。。
ものの数十分で帰宅となりました。

帰宅すると、トライアスロン(5月の再放送)が、放映されていました。
トライアスロンのバイクは、いつのまにかドラフティングが可能になっており、
集団走行を延々続けているだけで、観る側としては全く動かされるものなく進行し、
全く興味を失ってしまいました。(アイアンマンは、今もドラフト禁止のようですが)
ドラフトについては、競技者のなかでも嫌だからやらない、ルールの中ではいいじゃん。
どこまでがドラフトなのよ。。と、様々な見解があるようで、
鱒釣堀競技でも、こういう感じのハナシ、あるよなぁ。。。と、思った次第。

難しいものです。
外野から観る立場で、確実に言えるのは、
集団作って差を広げるだけの、今のルールは全く面白くありません。
乗った人、乗れなかった人の差は、能力とはいいがたいです。

という、グダグダ過ごした(書き連ねた)、本日でした。。。









スポンサーサイト
  1. 2012/06/17(日) 14:52:27|
  2. 信州暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ギリシャ:3党連立政権が発足 首相にサマラス氏 | ホーム | 永久歯が,折れた。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://stan0trout.blog.fc2.com/tb.php/625-aaf7cafb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)