鱒釣堀競技者? 畔人? Stanの備忘録。

春,夏,秋は畔。 冬は鱒釣堀大会。 鱒族を追って月日が流れる 、私の独り言&備忘録。

捨てる。

直結派。
長竿一本。
匙専科。
ナイロン信奉。
ハンドリリース。

時代とともに,捨ててきた,
私なりの鱒釣堀競技スタイル。

数年前から釣堀競技を始めた人にとっては,l
「常識」 
かもしれないですけど(笑)


次の東山では,もうひとつ。
捨てることになりそうです。
(言わないと分からない変化ですが。)

拘りがあるからこそ愉しいのが,
一般的なシュミだと思うのですが,
効率を求める競技を続けるうえでは,
仕方のないことです。

でも,これをもってしても,
私の効率があがるかは,怪しい限り。
ですけどね(笑)

今季最後ということもあるのでしょう。
なんとかしたい。という気持ちだけは,
上向いてきたようです。
スポンサーサイト
  1. 2013/02/13(水) 15:31:45|
  2. 鱒釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今季のトラ金、終了です。 | ホーム | トラ金終盤にあたり。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://stan0trout.blog.fc2.com/tb.php/660-1c97fb94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)