鱒釣堀競技者? 畔人? Stanの備忘録。

春,夏,秋は畔。 冬は鱒釣堀大会。 鱒族を追って月日が流れる 、私の独り言&備忘録。

いい感じ!!!

handle.jpg

朝の気温が一ケタになった昨今、私の週末は、釣りと並行して、
現在はチャリも定着しつつあります。

主に学生時代に傾倒していた時と異なり、現在はチャリのスモールパーツでも、
ネットで購入が可能なんですね。。。 先日の記事の段階では、どこかショップに
ある程度依存する部分があるかもと思っていましたが、訪問した結果、
そんなに必要性を感じられなかったのは確か。
近所の某ショップに行って質問しても、商品としての説明はできても、 ん~。。。
どう使うかとか、使用感はどうだとか、それよりこちらのほうがいいよ。とか、そういう話の出来る
店員さんはおらず、そもそも、前述チューブラーの品ぞろえは1品種のみ。、
今はクリンチャーですよ!って言いきる店員。 なんだか残念。。。という感じ。
期待はしていませんでしたけど、緊急時の物品確保場所って感じのお付き合いになるかな。

ロードジャージとパンツも新調しました。
以前はパールイズミを筆頭に、モノは間違いないけど、学生には辛すぎるぞ。。。
てな高値でした。今は、信じられない安値でヨーロッパプロチームの
コピージャージが売られています。物は試し。。。と購入してみましたが、
見える部分の縫製や発色もよく、速乾性にも優れた品でした。 
これからはあまり絞り込まず、食指が動いたら即購入でもいいかな。。。と思いました。

学生の頃は、落車してボロボロになったレーパン(レーサーパンツ)を、一針一針、
継ぎ合わせて使ったり、パンクしたチューブラーは、中の糸をほどいてチューブを出し、
修理が終わった後はまた縫い合わせる。などという途方もなく手間のかかる方法で
愉しんでいた、そのころのひたむきな気持ちは、失わずいたいものです。

現在は、身体を自転車に乗るモードに徐々に戻しています。
まだまだ、、、時間はかかりそうで、今はチンタラ走るのが精一杯ですけどね~。
最も衰えているのが登坂力。以前の記事にもある通り、上半身と脚力の
劣化具合がすさまじく、今はどの筋肉を使っているのか意識しながらの
回転数中心の走行になっています。
でも、本当の激坂だと、今は回転すらできないんですけどね。

ま、大会を目指すわけでもなく、気楽に前に進んでいます。。。(笑)
スポンサーサイト
  1. 2015/10/10(土) 21:53:22|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<あえて、はずす。。。 | ホーム | ロード復活!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する