鱒釣堀競技者? 畔人? Stanの備忘録。

春,夏,秋は畔。 冬は鱒釣堀大会。 鱒族を追って月日が流れる 、私の独り言&備忘録。

スイッチ・キャスター

相変わらずの、畔生活が続いています。
(ホームレスではありません。念のため)

3戦、3敗。。。

どうも、昨年よりも結果が出ないです。
ベイトを含め、少し魚の成長が遅い気がしますし、密度もイマイチ。

ま、いいです。

反応のない時間は、昼寝したり、コーヒー入れたり。。。
競っているわけではないですからね~

さて、スイッチ。

右投げ、左巻きを、
左投げ、右巻きに。

腱鞘炎の緩和のための養生が、主目的です。

いきなり左投げができるかというと、、、。
普通にできちゃいました。
(チョット動作がぎこちないですが。)

しかも、現状の右投げよりも、飛距離が伸びている(笑)
頭の中のリリースポイントは左右同じなのですが、
左投げの場合、ライナー性の弾道で、一直線に飛ぶことが多く、
サミングは必須ですが、結果的に飛距離増!!ってのが、私らしい。

もう少し練習が必須ですが、モノになりそうな気が。。。
  1. 2015/06/07(日) 23:46:32|
  2. 鱒釣り
  3. | コメント:0

畔から、畔へ。。。

土曜日は、恒例の木崎湖へ。
仕事終了が遅く、金曜夜に会社から直行~前入りしました。
呆毛猫さん、そして、○○さん。
あ、、、。
睡魔が。。。。
続きはそのうち。。。
おやすみなさい。

5月30日、更新しました!
とはいえ、やはりBlogは新鮮なうちに書くものですね。

夜明けとともに釣り始めた木崎湖は、全くの鏡状態。
しかも水は少し濁り、停滞気味。浜に打ち上げられた、
ヘラブナの腐敗臭が漂う状況。。。
呆毛猫さんの事前情報通り、水位は高め。昨年まで10mくらい伸びていた
浅瀬が水没しています。その原因は、呆毛猫さんのBlogで明らかに。。。
ココ、インレットでこれなのですから、他も推して知るべき状況かと。
それでもベイトは接岸しており、ごくたまにスカっとしたあたり?違和感が
伝わってきます。
kizaki2015 - コピー

そのうち、呆毛猫さん、○○さん登場!
3人で釣り始めますが、変化なし。
私は眠気もあり、しばらく車中休憩。天気は上々、車の窓を開けると
非常に心地よい風が通り抜けます。騒音も少なく、極上の昼寝を堪能しました。
【おわり。】   
こう端折っても問題のない釣れ具合で、木崎湖の半日は過ぎてゆきました。

今回同行いただいた、ご存知 呆毛猫さんは、昨年木崎湖でいい釣りを経験しており、
(50UP?でしたっけ?昨年、大きさも、数も達成しています)
その経験に基づいたタックル強化を行い、サクラ用8.6ftロッド+メタルジグで、
圧巻の飛距離を出していました。私はどう頑張ってもその8割程度までしか
飛距離を稼げませんでした。
例によって腱鞘炎とキャストミスという別の要素と勝手に格闘しながら。。。(笑)
こういう”出会い系”の釣りには、飛距離は正義だな。と、つくづく思いました。

特別ゲスト? ○○さん。釣堀競技の人なら、絶対に何処かで遇ったことがあるはずです。
非常に落ち着き、決して大声で喋りまくる人ではないのですが、誰もが2度見するタックルと、
ハマるとその容赦ない釣り具合は、いつも非常に目立ちます。
バベル等の釣りにも造詣が深く、そのとき釣れる魚を、愉しく釣るのが流儀です。
当日、木崎鱒は全くでしたが、スモールやラージが巣を営み始めており、
多くのおかっぱりバサーが入れ代わり立ち代わり攻める中、彼は釣堀タックルで、
あえて釣堀ルアーに(ワームではなく、ダートラン)拘って釣り、ついにはスモールを
釣りあげてしまいました。。。 「ヒット~~~~~ォ」  コールはありませんでしたけど(笑)
私的に少し羨ましく、凄くカッコよく見えました。。。
と、同時に、拘ることの大切さと、抜くべきところは、抜く。 その必要性を感じました。

午後は、翌日の丸沼に向けて移動しました。

おもいのほか、前泊の前橋市内に早くつき、待ち合わせ時間に余裕があったので、
先日の旅行のように、ある場所でぼ~っと夕刻を過ごしました。
来る人、帰る人、戻ってくる人。。。
定点に居ると、あくまでも遠景で眺めているだけでも、色々な発見があります。
今回も、ひとつ。。。 後日、何の役に立つこともないけどね(笑)

あ、そうそうNHKのドキュメント72時間 
”私はこんなに辛いけど今を頑張っている” 過剰演出は、またか。と鼻につくが、
なにか心のよどみを出口方向に動かせてくれる番組で、実は結構愉しんでいます。

午前4時。前橋出発。高速経由で丸沼へ。
椎坂峠のトンネルが開通したので、非常に楽になりました。
この峠には、冬季、積雪のなかを恐る恐るXanで越えたことや、
峠にある、寂しげなドライブインに立ち寄った記憶など、、、。
古の路を顧みるような時間の経過を感じました。

到着した丸沼には、いつもより少し少ないものの、釣り人が一杯。
そりゃま、大会だからね(笑)
いつも、この大会で(のみ)お会いできる方々にごあいさつ。
(バレーボールの大会に行っちゃって会えなかった、某さん、残念でしたよ!!)
今回は、某鱒釣堀競技選手達も初参加。このユルくて長い釣り。体験大歓迎ですヨ。。。
さて、釣りは、、、。
marunuma2015.jpg

あれだけ皆から言われたので、「最初の一匹は、とりあえずキープ。」しましたよ。
その後、、、何をやっても、スカ、、、。かたや岬をはさんだ反対側は、
コンスタントに反応がある模様。。。どうやら魚の居場所を読み誤ったようだ。。。
釣れているからといって、いまさらそちらに移動することはないな~。などという、
妙な意地?を遺憾なく発揮し、思い切って山側へ大移動!放流とは関係のない、
大物の回遊を待つことにした。。。が、反応がない。
ようやく一匹を掛けたが、数回のゆっくりとしたヘッドシェイクでポロリと。。。
それなりの大きさだったことはまちがいない。。。でもバラしたらおなじこと。。。
その後も粘るが、無反応。。。 で、 終了。。。
結果的に、キープしておいて、良かったぁ!!! ということ。

この大会のお楽しみ、飛び賞あり、全員賞品ありの表彰式を終え、
今回はめずらしく その後も粘ってはみたが、、、PAL38まで大きさを落として一匹掛けた以外、
状況は好転することなく終了。。。

今回は単独行動ということもあり、帰路はのんびり温泉経由で帰るルートを選択。
草津方面経由の下道なので、いたるところに温泉はある。
でも、入浴後を考えると出来るだけ信州近くに移動しておきたい。
と、いうことで、夕焼けの綺麗さに停まったことがきっかけで、某立ち寄り湯。
0524sunset - コピーう~ん、、、何を間違ったのか、、、ブレてる。。。

人が少なく快適で、思いもしなかった岩盤浴施設は、もの凄くリラックスすることができた。
残念だったのは、
温泉従業員の接客業という意識の低さ(態度や言葉遣い)と、
珍走族みたいに5~6人で温泉内の色々な湯船に集団で
ぎゃ~ぎゃ~言いながら移動を繰り返していた地元の衆。。。
話すと個別にはおとなしい奴だったけど、折角の温泉でのリラックスが台無しだった。

そんなこんなで、先週の週末は、月曜日に足を踏み込んだ時点で終了。。。
翌日は、仕事になりませんでしたわ(笑)
  1. 2015/05/25(月) 23:57:19|
  2. 鱒釣り
  3. | コメント:0

ディープブルーな畔生活。

早朝から、ほぼ半日で引き揚げ。

それでも8時間釣行。。。



この写真で、何処かわかる人、居るのかな??
  1. 2015/04/29(水) 21:32:24|
  2. 鱒釣り
  3. | コメント:2

前腕腱鞘炎

<昨夜半眠更新分がひどい有様でしたので、小変更。。。>

本日は、蓼の海解禁オープン大会(大物釣り)に、参加してきました。
実は、先週半ばから、右前腕ひじ近辺の筋に痛みがあり、筋肉痛かな?と、
湿布等の処置と、流石に土曜日の畔釣行は見合わせて臨んだのですが、、、。

ココの鱒は、重く、速く、引くんですよね~。PEタックルとも相まってガツガツと。
最後に釣った魚は45センチくらいと、さほど大きくはなかったのですが、
突然のひったくるアタリに右腕は対応しきれず、左腕で何とかロッドを支えている状況になり、
あ、コレは流石にやばいな。と自覚しました(笑)

どうやら、腱鞘炎のようです。

私はキャスト時チョット変わった(変な)フォームと言われるのですが、
特に遠投を意識するときは、竿の振り抜きよりも、キャストフィニッシュ時、
ライン軌道に対し、ガイドが干渉しない角度で竿をブラさず停めることを意識しています。
その、停め動作の時に腱に負担がかかっているようです。

総ては、最近の畔通いが原因です。。。

でも、、、。

来週土曜日は、恒例となった某畔でニジマス狙い。
日曜日は畔?もしくは、今季初渓流?
といった予定なのです。

はやくなおさなくっちゃ。。。

あ?大会?
欲張りすぎて、キープ~検量するタイミングを逸し、
小型はそれなりに釣れたものの、
記録:ゼロで終了でしたヨ(笑)

  1. 2015/04/19(日) 21:46:50|
  2. 鱒釣り
  3. | コメント:6

今季初サクラ

サクラサク。
sakura2015

40くらいかな。
写真撮るのが精いっぱい。

フロントレイク12g レイクグロー。
容赦ないユキシロ濁りに、一矢を報いてくれました。
このシリーズ、ウラ銀とか、レッドグローも、欲しいな。。。

先日来の連続バラシ対策に、地獄針をセット。
確かに安心してやり取りできましたが、一寸痛々しいことに。。。
今後の検討課題です。

  1. 2015/04/10(金) 21:08:09|
  2. 鱒釣り
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ